仮想通貨をわかりやすく解説します

はじめに

仮想通貨とは何なのでしょうか。
ここでは、そもそも仮想通貨とはどのようなものなのかをわかりやすく解説していきます。

cryptocurrency-2922058__480

 

一言で「電子データ」

仮想通貨はインターネット上で自由にやり取りできる通貨の機能を持った電子データのことです。

英語ではCrypto Currency(クリプトカレンシー)と呼ばれ、実態は単に暗号化された文字列の情報なのです。

日本では2017年4月に施行された改正資金決済法で、仮想通貨は定義づけられています。
円やドルなどの法定通貨と交換できたり、電子的に移転できたりすること、また法定通貨建てではないことなど、大きく分けて3つの性質を持っていれば、法律上の「仮想通貨」となります。

しかしながら日本では、法律で仮想通貨を決済手段のひとつと定義づけた一方、国が価値を保証しているわけではありません。
仮想通貨は、その価値を信頼する人たちの間で通用するものと言えます。

office-620822__480

仮想通貨の長所や短所は?

長所は、ネット上の共通通貨として世界中の誰とでもやり取りできることです。

これまでインターネットで送れるのは情報だけでしたが、ブロックチェーン技術によってはじめて経済的な価値(≒お金)を送れるようになったことが非常に大きいと言えます。

また短所は、値動きの激しさと言えるでしょう。

まだ概念として誕生してから歴史が浅いということもあり、十分に普及していないことも大きいですね。
私たちも日常では現金やクレジットカードを使うことがほとんどなはずです。
浸透していないために、本来の価値が定まっていないため、値動きが激しくなっていると言えます。

money-1428594__480

仮想通貨はビットコイン(Bitcoin)だけではない

仮想通貨はビットコイン(Bitcoin)だけではありません。

まだ仮想通貨がメジャーになっていないため、ほとんどの方が知らないでしょうが、世の中には4000種類以上もあると言われいます。

ビットコイン(Bitcoin)はその一つにすぎません。
ただそれでも、数ある仮想通貨の中でも断トツの時価総額を誇るため、今後もやはりビットコイン(Bitcoin)はその価格が上がってくると思われます。