ビットコインの管理者は誰なの?民主主義的な運営でシステムを維持

ビットコインには管理者がいない?!

2017年はビットコインの話題が多方面から聞かれ、みなさんの中にも「簡単に儲かるなら投資してみたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな中、ビットコインとはどんなものだろうと調べると、管理者がいないという情報に出くわすことがあったでしょう。

そんなことが本当にあるのか、今回は法定通貨との違いについて考えていきましょう

 

bonding-1985863__480

 

法定通貨の管理者は国家

私たちが普段の生活で使っている日本円などは、法定通貨と呼ばれます。

発行しているのは日本銀行であり、通貨としての安定性を保つために日本銀行が金融政策を打ち出して管理してくれています

(こうして仮想通貨の研究をしていると、日本銀行さんのお仕事に感謝しなくてはと思わせられます。)

各国にそうした機関は存在し、中でも日本円の信頼度は世界トップクラスとなっています。

 

仮想通貨の管理者は?

世の中には仮想通貨が4000種類以上もあると言われています。
では、その管理者は一体誰なのでしょうか。

実はこれは仮想通貨によってまちまちなのです。

特定の会社が管理権を持っていることもあれば、ブロックチェーン技術によって皆で管理しようというものまであります。

ビットコインは後者です。

 

human-2944065__480

 

みんなで管理するとは

ビットコインは民主的なシステムによって運営されています。
つまり、誰でも運営者としてビットコインのシステム維持に貢献することができるのです。

膨大な量のコンピューターを必要としているので、みんなでお金を出しあってチームを組み、難解な数学の問題に取り組んでいます。
10分に1回、もっとも速く数学の問題が解けたチームには12.5BTCがもらえます。
その12.5BTCがビットコインの管理に貢献した報酬となるのです。

誰がBTCをくれるのか

ナカモトサトシという人物が2100万枚を上限に、10分に1回、12.5BTC渡すというシステムを作り、そこから付与されます。

上限が決まっているからこそ価値があるのです。

 

planning-2899922__480

 

終わりに

日本円は世界でも信用度が高いため、私たちは普段の暮らしの中で不便を感じることは少ないですが、海外に目を向けると、自国の法定通貨が信用できない国も実は多いのです。

ある日突然、財布の中のお札が紙きれ同然となってしまうこともあります。

そうしたグローバル基準で物事を見たとき、このような管理者がいない民主的な通貨は非常に画期的だと言えます。

世界の共通通貨となる日がやってくるかもしてません