仮想通貨と法定通貨の違いとは~クリプトカレンシーvsフィアットカレンシー~

仮想通貨に定義はあるのか

近年話題となっている仮想通貨ですが、その定義は一体何なのでしょうか。

日本ではかなり早い段階で法整備が進み、改正資金決済法にて仮想通貨が定義づけられています。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移することができるもの

引用元:ビットフライヤー
教えて!仮想通貨法より

 

bitcoin-3029371__480

 

クリプトとフィアット

突然難しい名前が登場しましたが、何のことはありません。
今回のテーマ、仮想通貨と法定通貨を英語で表した言葉です。

正式には、仮想通貨をクリプトカレンシー、法定通貨をフィアットカレンシーと言います。

それぞれの違いは、国が発行しているか個人もしくは団体が発行しているかです。
以下詳しく見ていきましょう。

 

法定通貨は本質的にはどれも同じ

仮想通貨という概念が現れるまでは、法定通貨しかしなかったため、改めて法定通貨というものを考えるのは少し不思議な感じがします。

法定通貨には、米ドル・ユーロ・人民元・日本円などがありますが、本質的にはどれも同じです。
国が違うだけです。

「法で定められた通貨」だから法定通貨と言います。

 

money-515058__480

 

仮想通貨はそれぞれ性能が違う

法定通貨は本質的にどれも同じだと述べましたが、仮想通貨は4000種類以上もあると言われそれぞれに特徴があります

時価総額No.1のビットコインは、お買い物の支払いに使うこと(決済)を目的として作られています。

時価総額No.2のイーサリアムは、決済に加えて、契約事項を書き込むことができます。
この機能はスマートコントラクトと呼ばれます。

例えば、保険金の受給について一定の条件を書き込んでおき、その条件を満たしたときに支払いが実行されるといった具合です。

 

性能が良くても時価総額ランキングで勝てない理由

前項の説明から考えると、当然誰もがイーサリアムの方が性能が良いと思うはずです。
実際に私もイーサリアムにはかなり期待をしています。

しかしどうでしょう。
実際はビットコインの方が人気で、時価総額も断トツと言えます。

これは仮想通貨に限った話ではなく、世の中は「性能が良い≠人気がある」という残念な結果になってしまいます。

一番かわいい人がミスキャンで勝つわけではありません。
一番人気のある人が勝つのです。

 

money-1428594__480

 

終わりに

ここでは仮想通貨と法定通貨の違いについて取り上げました。

繰り返しになりますが、一番のポイントは「仮想通貨はそれぞれ性能が異なる」ということです。

それぞれをしっかりと見極めた上で、チャート分析を通して投資をしていきましょう。