暴騰暴落はなぜ起こる?ファンダメンタルズが及ぼす相場への影響とは

大きな変動を見せるビットコインチャート

2017年を通して仮想通貨市場は大きく成長しました。

中でもビットコインは年初以来20倍の価格を記録するなど、特に注目されましたね。

しかし、これまでの過程においては必ずしも上昇ばかりがあったわけではなく、時折大暴落が起こったこともあります。

そうした暴騰や暴落はなぜ起こるのでしょうか

 

turtle-2361131__480

 

国家情勢が不安定化することで資金が流入

日本に住む私たちには想像しにくいことですが、世界には法定通貨の信用度が低い国があります。

そうして自国の通貨が信用できなくなった国民はビットコインに流入します。

ブロックチェーン技術によって守られているので、より安全だと捉えられているのです。

当然、ビットコインを買う人が増えれば価格が上がっていきます。
国際的な金融情勢のニュースにアンテナを張っておくと良いでしょう。

 

規制当局の政策によって暴落することも

仮想通貨に関する法律を制定した日本ですが、まだまだ仮想通貨の存在をどのように扱うか決めきれていない国が多くあります。

過去を見てもそうですが、国家が仮想通貨の取引所などへ規制をはたらきかけると、ビットコインを手離す人が増えます

よってそうしたニュースが流れると暴落が起きやすくなるのです。

 

donald-trump-john-1272775__480

 

取引所への新規上場で急騰(アルトコイン)

日本には現在10か所以上の取引所がありますが、それらが扱っている仮想通貨の種類はまちまちです。

例えば、最近話題となっているリップルという仮想通貨は、コインチェックでは取り扱っていますが、ビットフライヤーやザイフでは取り扱いがありません。

今後、もしリップルがビットフライヤーやザイフなどで取り扱い開始ということになれば、資金が流れ込み、価格が急騰することが予想されます。

 

cargo-hook-2824423_1280

 

終わりに

基本的には相場を形成しているのは投資家の心理の総体だと言われています。

しかしながらここでご紹介したように、様々な要因によって大きく価格が動くことがあります。

仮想通貨市場は日本国内にとどまらず、世界レベルでの相場となりますので、海外の情報にも積極的に目を向けることが大切です。

特に今現在は上昇傾向にあるので、暴落のタイミングで買い増しをするつもりで準備をしておくと良いでしょう。