似ても似つかない仮想通貨と電子マネー、その違いとは

似ている?仮想通貨と電子マネー

仮想通貨は電子データですので、電子マネーと同じであると思っている方も多いのではないのでしょうか。

特にビットコイン決済が広まりつつある中で、私も実験的な意味でビックカメラに赴き、洗顔料を購入したことがあります。

決済の流れはそれこそSuicaなどの電子マネーと同じように手軽にできるものでした。

一体両者の違いとは何なのでしょうか。

今回は仮想通貨の代表ビットコインと電子マネーを比較して見ていきましょう。

 

holiday-shopping-1921658__480

 

電子マネーの定義を改めて考える

電子マネーとは、紙幣や硬貨を使わないで、電子的に(=データのやりとりで)決済を実現する手段の事です。オンラインで決済を実行するタイプもあれば、最近主力になりつつある非接触型の決済方法もあります。電車に乗るときや、コンビニでの支払いに利用するものです。

引用元:ビットフライヤー
ビットコインと電子マネーより

私たちも普段の生活の中でSuicaやPASMOなどの電子マネーを用いて、主に電車に乗ったりちょっとした買い物をしたりしています。

世界の国々に比べて、日本の電子マネー決済はメジャーな手段であるとは言えず、紙幣や硬貨の発行・維持にかかるコストを考えると、より主要な支払い方法としての広まりが期待されます。

 

paying-1438142__480

 

ビットコインは電子マネーと呼べるのか

現在一般的に利用されている電子マネーは、基本的にはその地域で使われている通貨を使って電子的に決済を行うために存在しています。

(中略)

紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現していますが、実態としては円という通貨をやりとりしていることには変わりありません。

引用元:ビットフライヤー
ビットコインと電子マネーより

ビットコインをはじめとする仮想通貨は言葉の上では、「電子マネー」の一種と言えるかもしれませんが、法定通貨建て貨幣ではないため、ここでは当てはまらないことになります。

つまり、法定通貨(日本円)に対して独立した立場で運用されていなくてはなりません。

ビットコイン決済可能店舗が増えていますが、それらは「日本円でもビットコインでもお支払いできますよ」という意味を指すのです。

クレジットカードを含む従来の支払い方法は全て結局「日本円」での決済であったという共通点があります。

 

shopping-879498_1280

 

終わりに

国内でもビットコインに対応したお店は増えてきていますが、これは「日本以外の国のお金も使えますよ」という感覚と同じであると考えるとわかりやすいかもしれません。

どうしても普段の投資の中では日本円ベースでの価格推移に目が行きがちですが、一度立ち止まって区別して捉えるべきでしょう。