法定通貨は消えるのか?仮想通貨の世界が訪れることで生まれるメリットとは

注目が集まり続ける仮想通貨市場

仮想通貨市場が過熱し、連日ニュースにも取り上げられることも多くなりました。

主に価格高騰に目を付けた人による投機的な動きが目立っており、会計の際に現金の替わりとして使えるお店も増えてきていると言われています。

今後の世界はどのように変わっていくのでしょうか?

特に金融の面では仮想通貨が法定通貨を飲み込む勢いと見せ、近い将来には仮想通貨の世界が訪れている可能性すらあります。

そうした世界が訪れることに、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

wormhole-2514312__480

 

中央機関に依存していない

仮想通貨の大きな特徴として、中央機関に依存せずに運営されているということが挙げられます。

日本をはじめとする世界各国はその国独自の通貨を作っており、それを基として経済が成り立っています。

日本であれば日本銀行が日本銀行券(日本円)を発行し、金融界を安定させるために寄与してくれています。

しかし一方で、日本銀行一極に依存しているという構図であると捉えることもでき、これは日本銀行が破たんした場合に私たちの日常が立ち行かなくなることを示しています。

ブロックチェーン技術と呼ばれるシステムを導入している仮想通貨はその点において管理者が分散しているため、安全であると言われています。

 

国境がなくなりビジネスの幅が広がる

全世界共通とも言える仮想通貨ですから、特定の国だけでしか使えないということがありません

これは旅行の際に非常に便利だと言えるでしょう。

またビジネスシーンでも国際取引や貿易などの面で、関税や為替レートを気にする必要がなくなり、よりスムーズなやり取りができます。

近年叫ばれている「グローバル化」が一気に進む可能性を秘めています。

 

skyline-night-668457__480

 

送金が速くなり、手数料がかからなくなる

すでにビットコインなどの特徴として、送金速度が速いことは様々なところで言われています。

実際のところ、今はまだ送金詰まりや手数料の問題もありますが、技術的にはこれが改善されていくと見込まれています。

国際送金はもちろん、アメリカなどの大きな国では国内送金ですら送金に何日もかかってしまったり、多額の手数料がかかってしまうことがあります。

私たちが当たり前のように受け入れてしまっていたこれらの不便さを解消してくれると嬉しいですね。

 

architecture-768432__480

 

終わりに

以上のように、各国がそれぞれの法定通貨を運営するよりも仮想通貨が世界的に浸透することで、多くのメリットが享受できると思われます。

さらなる市場の飛躍に期待しましょう。