今更聞けない!?仮想通貨とは何かわかりやすく解説

2017年は仮想通貨元年と呼ばれるほど、仮想通貨が世に浸透した年になりました。

しかし、

仮想通貨って何?
調べたけどよくわからなかった。

という人もいるでしょう。

そんな人のために仮想通貨とは何かわかりやすく解説したいと思います。

 

 

仮想通貨とは何か?

仮想通貨とは、一言でいうと電子マネーが進化したものです。

皆さんが使っている千円札や、百円玉などの法定通貨(国が作っているお金)と違い、仮想通貨には実体・現物がありません。

Suica、PASMO、nanaco、WAONといった電子マネーのように、データで管理されています。

そのため、仮想(バーチャルの)通貨と呼ばれています。

deux-2417533__340

既存の電子マネーとの違いは?

既存の電子マネーは、基本的にその国でしか使えません

Suicaにしろ、PASMOにしろ、日本円を入金(チャージ)して、日本円で買えるものだけを購入しています。

つまり、既存の電子マネーは、日本円をただデータに置き換えただけにすぎないのです。

 

しかし、仮想通貨は世界中どこでも使うことができます

それは、仮想通貨は特定の国の通貨ではないからです。

円をドルに両替したり、円をウォンに両替するように、円をビットコインなどの仮想通貨に両替をして使うと考えるとわかりやすいかもしれません。

baby-102475__340

 

仮想通貨は誰が作っているのか

では、特定の国が作っていないなら、誰が仮想通貨を作っているのでしょうか?

それは企業であったり、個人であったり様々です。

ビットコインはナカモトサトシ、イーサリアムはVitalik Buterin、リップルはリップル社が作りました。

photographer-2929850_960_720

仮想通貨はどうやって管理しているのか

では、そんな一企業、一個人が作った物が、どうしてそんなに使われているのでしょうか?

それは、みんなで管理しているからです。

誰がいくら使ったか、誰がいくら受け取ったかを、マイナーと呼ばれる人が企業や個人の代わりに管理しています。

このマイナーは誰でもなることができ、管理する代わりに、その仮想通貨を報酬として貰っています。

みんなで管理しているため、誰かひとりが不正(データの書き換えなど)を行おうとしても、他の人がそれを正してしまいます。

そのため、安心して仮想通貨を購入することができます

 

 

以上が、仮想通貨の基本事項です。

他にも、詳しく説明している記事があるので、そちらをご覧ください。

仮想通貨をわかりやすく解説します

ビットコインの管理者は誰なの?民主主義的な運営でシステムを維持

似ても似つかない仮想通貨と電子マネー、その違いとは