ビットコイン(Bitcoin)とは何かわかりやすく解説!

ビットコインを一言でいうと?

ひとことで言えば(中略)「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。(中略)ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。

引用元:ビットフライヤー
ビットコインとは仮想の通貨より

非常に丁寧に説明されていますね。

国が発行する法定通貨と違い、新たな世界共通の通貨が生まれたという解釈がもっともわかりやすいでしょう。

また単位についても日本円ならばJPYとなりますが、ビットコインの場合だとBTCになります。

よくビットコインのイメージとして使われる写真がありますが、あれは単なるレプリカにすぎないのでほとんど価値はありません。

 

coffee-2608864__480

 

仮想通貨はビットコインが起源ではない?

イメージしやすいのは、オンラインゲーム内の通貨です。円やドルを支払って、ゲーム内で使われている通貨を手に入れれば、そのゲーム内で使われている通貨が「使える」ゲーム内のお店で、アイテムを買うことができます。ゲーム内でのみ使える、仮想の通貨です。

他にも、特定の Web サイトでのみで使える仮想通貨も存在します。利用登録の際に1,000円で1,000ポイントを購入し、その1,000ポイントで有料サービスを購入するというしくみを利用している Web サイトが存在します。そのポイントが「使える」Web サイト内でのみ有効な、仮想の通貨です。

引用元:ビットフライヤー
ビットコインとは仮想の通貨より

わかりやすい例が二つも挙げられています。

私たちも一度は熱中したことがあるゲーム内のお金も仮想通貨というわけですね。
今まで意識していませんでしたが、そうしてゲーム内で有益なことに使えるのであれば通貨としてなあり経つと言えるでしょう。

ポイントカードに貯められていくポイントも買い物時に現金の代わりとして使えることも多く、仮想通貨であると言えるでしょう。

ではなぜ今になって仮想通貨というものが新たな概念であるかのように話題になり始めたのでしょうか。

 

tourist-3034473__480

 

ゲーム内の通貨やポイントとビットコインの違い

特定のゲームや Web サイト内でのみ使える仮想通貨は、企業単位で作られており(中略)運営主体が利益を上げることを目標としています。

一方のビットコインは(中略)経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

引用元:ビットフライヤー
ビットコインとは仮想の通貨より

ここではビットコインに限定されていますが、基本は金融や経済をもっとスマートにすることを目指して作られるようになりました。

世界中の決済をもっと便利にしようという意図で運営されています。

そのため、ビットコインを管理しているリーダー的な人はいませんし、法定通貨よりも優れているとまで言われています。

 

arrangement-2794696__480

 

終わりに

普段の生活に身近なものとの比較がなされていて理解がしやすかったのではないでしょうか。

今後もどんどん生活の中に仮想通貨が浸透していくことに期待したいですね。