2020年東京オリンピックに向けて成長が止まらないビットコイン

広がるビットコイン決済

現在日本各地では、ビットコインの価格高騰につれて会計時の支払いにビットコインが使える店舗が増えています。

現金の削減化が取りざたされる中、仮想通貨のみならず電子マネーの普及が進もうとしています。

店舗側の負担を考慮しても、今後も着実に増えていくことが予想されます。

 

tokyo-2193354__480

 

東京オリンピックに向けて普及が進む?

2020年には日本の東京でオリンピック・パラリンピックが開かれます。

これに合わせて首都圏を中心にインフラの整備が進んでいることは、日々のニュースでもよく耳にしますね。

オリンピックなどの世界的なイベントが開かれるということは、それだけ外国人観光客の流入も増えるということになります。

外国人観光客にとって一番ネックになるのは、通貨の両替でしょう。

これがもしビットコインなどの世界共通の仮想通貨であれば、このような手間は省けます。

日本円などの法定通貨が消えることはなくとも、仮想通貨と一緒にどちらも使える世の中に変わっていく可能性は十分にあります。

そこに向けて需要も上がり、価格高騰は加速することが予想されます。

 

ginza-725794__480

 

ビットコインは半減期を迎え、価格高騰へ

ビットコインの管理に携わっている人には報酬として決められた量のビットコインが支払われるという仕組みになっています。

しかし4年に1回、半減期というタイミングが訪れ、報酬が半分になってしまいます。
これにより1BTCの価値は倍増することになります。

過去にあった半減期のタイミングではそれぞれビットコイン価格は10倍にもなっています。
報酬が減ることによってその資産価値は大きく上昇します。

それを目当てに事前に仕込む投資家が増えてくることが考えられます。

 

architecture-1853076__480

 

200万円はまだまだ安い、仕込むなら今か

ここまで挙げたような大きなイベントはそれこそ無数にあり、まだまだ価格が上がっていくことが予想されます。

今現在のチャートを見る限り、もう上がりきっている印象がある方も多いでしょう。

しかし何をもって「高すぎる」と言えるのでしょうか

10万円を記録した2017年の1月にも「高すぎる」という話が広まりましたね。
しかしそれでも買っておいた人は今や20倍もの利益を得ています。

つまり、「高すぎる」というのは全く相対的な比較ができていないということになります。

新しい概念は比べるものがありませんので、これは致し方ないことです。

しかしながら、仮想通貨の可能性と普及具合を見ると、まだまだ上がっていく気配があるように思います。
仕込むなら早い方がいいでしょう。