なぜアルトコインはビットコインにつられて価格が下落するのか

暴落する時はいつもいっしょ

ビットコインが暴落すると、それにつられたかのようにリップルやネムも暴落を始める
※アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。

みなさんにはそのような経験はないでしょうか。

チャートがビットコインと同じ形を描き、落ちなくてもいいときに一緒に落ちる。

今回はその秘密に迫っていきたいと思います。

 

dogs-708354__480

 

大衆が怖くなって手離してしまう

ビットコインはやはり時価総額ランキング1位ですし、みんなが一番注目している仮想通貨と言えます。

ゆえに、ビットコインが何らかの理由で暴落を始めると、一定数の新米の投資家が「バブルの終わりだ」と思い、他の仮想通貨も含めて全て売ってしまうという心理が考えられます。

極端にリスクを嫌う日本人が仮想通貨市場には参加していますので、そうしたことが起こってしまうのでしょう。

 

基軸通貨としてのビットコインの役割

ビットコイン以外をアルトコインとしてまとめて表す言葉があるように、ビットコインは他とは一線を画す存在であると言えます。

特に、海外の仮想通貨取引所(オススメはバイナンス)では、日本円などの法定通貨で仮想通貨を買うことはできず、ビットコイン建てであることがほとんどです。
(イーサリアムが使えるケースもある)

ちなみに、「ビットコイン建て」とは「仮想通貨を買う際に使う通貨がビットコインである」ということです。

よってアルトコインの取引の際には、多くの場合にビットコインが絡むようになります。

 

niagara-193818__480

 

ビットコインに依存してしまっているアルトコインの実態

仮想通貨市場で現段階において十分な流動性を確保できているのはビットコインだけと言えます。

アルトコインは基本的にビットコインに依存してどうにか相場が形成されているというのが実態となってしまっているのです。

アルトコインはビットコイン建てで売買され、ビットコインは法定通貨(日本円)建てで売買される。
それによってアルトコインは法定通貨(日本円)建ての価格がつくようになるのです。

この関係がある以上は、アルトコインはビットコインに依存して成り立っていると言わざるを得ないでしょう。

 

symbolic-2036456__480

 

投資家はどのような対応をする?

暴落などが起こった際に投資家はどのような対応を取るのが良いのでしょうか。

基本的にすべてのアルトコインはビットコインに「連動」するような値動きを見せますが、独自の性能などによって暴落に耐えうることがあります

それは通貨によって違ったりもします。

過去のチャートやその通貨の性質を調べて、暴落の可能性がある時の待避先を決めておくと、資産をいたずらに減らすことを防げることもあるでしょう。