ブロックチェーンとマイニングについてなんとなーく解説

皆さんは「ブロックチェーン」や「マイニング」が何かご存知ですか?

仮想通貨について調べていると、ちょくちょく耳に入ると思います。

ブロック?鎖?掘る?

調べてみたけど、よく分からなかったという方も少なくはないでしょう。

投資をする上では知らなくても構いませんが、知っていると仮想通貨についてより理解が深まるので、知っておいて損はないでしょう。

今回はその「ブロックチェーン」と「マイニング」についてなんとなーく解説したいと思います。

D8D170A8-ECC4-4321-B46E-C143CC209038

ブロックチェーンは革新的な技術?

既存の管理方法

仮想通貨を取引する際、「いつ」「誰が」「誰に」「いくら」送ったという、取引記録をどこかに記憶させなくてはなりません。

そうしないと、データを書き換えて無限の仮想通貨を生み出せてしまいます

しかし、ただ普通にコンピュータを用意して、そこに記憶させようとすると、そのコンピュータがハッキングにあった場合、取引記録が改竄されてしまいます。

また、不具合によってデータが消えたり、コンピュータが壊れて使えなくなったりもします。

コンピュータを2台、3台と増やしてデータを分散させたり、バックアップを取ったりしても、その可能性は完全には無くなりません

銀行も、この取引記録の管理に頭を悩ませており、かなりの労力と金額を費やしています。

 

ブロックチェーン技術を使った管理方法

この問題を解決するのが、ブロックチェーン技術です。

特定の個人や企業が1台や2台といった少数のコンピュータで取引記録を管理するのではなく、協力者達の何十、何百台ものコンピュータを使って、取引記録を暗号化し、インターネット上で管理しています。

この事により、1台のコンピュータがハッキングされても、他の人が管理している取引記録との違いや、過去の取引記録から、正しい取引記録に修正することができます

D7AC8160-015C-4EF3-9882-5341A8E9B122

マイニング≒バイト?

先程のブロックチェーン技術の説明で、協力者達が取引記録を管理していると書きました。

その管理こそがマイニングにあたります。

マイニング(取引記録の管理の手助け)をした人には、報酬として、仮想通貨が支払われます。

バイトや仕事と同じです。

取引記録の管理という労働(やっている人達はほとんど何もしませんが)の対価として、仮想通貨を貰っています

仕事やバイトをする事を、「JPY(日本円)のマイニングをする」と表現している人もいます。

BBD5F7F8-5509-4D83-89C4-6F686350200B

おわりに

「ブロックチェーン」と「マイニング」について、なんとなーく理解できたでしょうか?

今回解説したのは、あくまで、なんとなーくなので、もっと詳しく知りたい方は自身で調べてみてください。