【特報】1月16日の歴史的大暴落の原因は?解き明かされる2つの真実

突如、大暴落に見舞われた仮想通貨市場

2018年1月16日、仮想通貨市場は突然の大暴落に見舞われました。

多くの投資家が一時的とはいえ、資産を大きく減らし、動揺が広がりました。

突然の大暴落の原因については各所で意見が飛び交っている状況です。

そこで有力な情報を2つ入手したので、このサイト限定でお伝えします。

今後の参考にしていただければと思います。

 

people-2566201__480

 

中国政府による規制が行われようとしている?

中国の規制当局が仮想通貨取引のさらなる締め付けに乗り出すようだ。(中略)「仮想通貨取引所のようなサービス」を提供するオンラインプラットフォームやモバイルアプリを規制の対象にするという。

マーケットメーカーとしての役割を担い清算、決済などの便宜を図る個人や企業も規制の対象にするという。

国内およびオフショアにおいて中央取引を可能にするプラットフォームへのアクセスが遮断される。

引用元:THE COINTELEGRAPH
中国政府が仮想通貨「取引所のようなサービス」規制へ どうなるオフショア取引(2018年1月16日)より

よくある規制に関する話のようですが、今回は情報筋がしっかりしているため、どれも本当のこととして広まったようです。

中国は世界でも有数の仮想通貨大国なので、この市場を支えてくれている大きな存在です。

今後のニュースにはしっかりと注意を払っておきましょう。

people-2562694__480

 

メトロポリタンバンクが仮想通貨送金を停止?

アメリカのメトロポリタンバンクホールディングスが仮想通貨に関する全ての送金を停止したようです。

メトロポリタンバンクは、アメリカの仮想通貨取引所であるコインベースと連携をしています。

今までにビットコインのデビットカードを発行していたり、同バンク内にデポジット口座を保有していたりするなどしています。

それゆえ、仮想通貨に対しては前向きに捉えていると言われていました。

それだけにこの突然の対応に、市場が驚いて売りを招いたと思われます。

 

baby-443393_1280

 

コインチェックがハッキング被害に?

大手国内取引所のコインチェックハッキング被害に遭ったという噂が流れています。

不正にメールアドレスが取得された、二段階認証を突破された、など様々な憶測が飛び交っています。

こうした事態にコインチェック側がどのように対応するかは不明ですが、私たちもメールアドレスやパスワードの管理など、できることは十分にしておく必要があるでしょう。

パスワードは記号を織り交ぜるなど、25字以上を推奨します。

 

私たちはどのように対処すればいいのか

リーマンショックを超える規模の大暴落は実は今までも多く経験してきている仮想通貨市場です。

初心者の方はかなりのショックを受けたかと思われます。

しかし市場はここを底に、これから再び上がっていくと思われます。

決して売らずに、回復を待ってほしいところであります。

余剰資金のある方は、このタイミングで買い増しをすることをオススメします。

特にかなりの上昇率が見込めるリップルが良いでしょう。