チャンスではいくら追加投資するのが適切なのか?上手な買い増しを

買いのチャンスは何度も訪れる

仮想通貨投資の場合に限らず、投資には参入のタイミングがあるものです。

やみくもに資金を投入すれば良いわけではありません。

しかしながら一方で、買いのチャンスはいくらでも訪れます。

日頃から買いのチャンスをつかむイメージトレーニングをしておき、「ここぞ!」の場面で投資をするのが理想です。

今回は、訪れたチャンスごとにどのくらいの金額を入れればいいのか解説していきます。

 

hike-2794710__480

 

余剰資金には限界がある、いくら投入すべきか

みなさんはおそらく何かしらの本業をお持ちかと思います。

学生の方などはアルバイトをしていることが多いのではないでしょうか。

ほとんどの場合、収入は月に1回まとまって入ることが多いでしょうが、それを全額投資に回すわけにはいきません

余剰資金ができれば、その都度買い増しをしましょうというのが私たちの主張です。

投入する金額については、まず自分なりのポートフォリオを決めておいて、そのバランスに合わせるように資金を入れると良いでしょう。

 

flowerpot-2756428__480

 

基本は一度買ったものは長期保有

仮想通貨市場はまだ天井が見えている状況ではないので、長期で保有して動向をうかがうのが一番だとされています。

仮想通貨の投資で失敗している人ほど、短期的な売買を繰り返してしまっているようです。

ビットコインFXが儲かるという話も耳にしますが、それはテクニカル分析が反射的にできる人だけです。

初心者の方は下手に手を出すべきではないでしょう。

もっともやってはならないのが、国内取引所において短期的な売買をすることです。

手数料が高いと言われており、ビットコインを経由して他の通貨に乗り換えるだけでも2回分の手数料がかかります。

 

partnership-2750197__480

 

緊急投資用のお金も準備しておくと良い

突発的な出来事が発生したとき用に、余剰資金の中の余剰資金を用意しておくと良いでしょう。

この「突発的な出来事」とは、ある特定の銘柄が有名な取引所で近日中に取り扱われるというニュースが出た際に、予定していたポートフォリオそっちのけで買わなきゃいけない状況です。

取引所への新銘柄の上場は、もっとも急騰を呼びやすいニュースです。

特に海外取引所を使う前の初心者の段階の方は、法定通貨(日本円)のゆとりを持たせておくべきでしょう。