ICOとはいったい何なのか~仮想通貨を絡めた新たな資金調達システムの実態~

これからの時代の資金調達システム

何かビジネスを始めるとき、まず初期資本が必要になります。

それは起業であったり、会社内での一つのプロジェクトであったり、場面はまちまちです。

その資金を用意する手段はたくさんあります。

例を挙げるならば、知り合いから援助をしてもらう・株を発行するなどが考えられますね。

今回はICOと呼ばれる仮想通貨を絡めた新たな資金調達方法をご紹介します。

 

currency-3118767__480

 

ICOとはいったいどんなものなの?

ICOとはInitial Coin Offeringの略で、独自の仮想通貨を作り、それを投資家に買ってもらうことで資金を集める手段のことを指します。

その会社の業績が上がったり、プロジェクトがうまくいけば、発行した通貨の価値も上がります

投資家にとってはそうした利益を得られるため、非常においしい投資先となるのです。

 

ICOを利用するメリットとは

会社にとってICOを利用することにはどんなメリットがあるのでしょうか。

まず第一に、世界中から資金を集められるということが挙げられます。

証券会社を通さずにインターネット上でやり取りができるため、簡単に素早く、時には多額のマネーが入ります。

特に、ICOに対する規制がかかっていない国においてはスムーズな取引が可能です。

 

money-3115984__480

 

ICOを規制している国ではできないのか

中国など、ICOを禁止している国はいくつかあります。

日本政府はまだ方針を固めていませんが、従来の投資家保護の観点から、多少の規制はかかると見られます。

こうした場合、どのようにすればいいのでしょうか。

もっとも良い方法として、ICO推進国にある会社と提携をすることが考えられます。

自社ではなく、その提携会社に手数料を払って資金調達だけをさせるのです。

そうすれば容易に規制国家内でもビジネスを展開することができます

 

conclusion-of-the-contract-3100578__480

 

大切なのは事業の中身

今すでにICOは普及しつつある状況です。

つまり、ICOを行っていることでライバル会社との差別化を図ることはできません。

結論、ICOというのはお金を集める手段にすぎないのです。

やはり大切なのは事業の中身です。

お金を集めてどのようなビジネスを展開するのか

しっかりとしたビジョンが必要となります。