ビットコインとビットコインキャッシュだけが生き残れる?!世界の基軸通貨となるか

なんだかんだ本家が一番

ビットコインは初代であるため、性能面での欠陥が指摘されることも少なくありません。

送金が遅くなってしまい、困った経験がある方もいらっしゃるでしょう。

しかしながらビットコインはなんだかんだこの世界を支える存在になるのではないかという説があります。

それはこれまでの市場の成長過程にヒントが隠されているようです。

 

sky-3123738__480

 

発行主体がいないという特異性

イーサリアムやリップルなど、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の人気が高まっています。

しかしながらリップルはともかく、イーサリアムなどはブロックチェーン技術に基づいた運用がなされているとはいえ、発行主体が存在し一定の中央集権的体制がバックにあります。

民主主義的システムへの賛否はともかく、発行主体がなく、完全なパブリックブロックチェーン型を採用しているビットコインとビットコインキャッシュこそが市場全体の支えとなっていることは間違いありません。

現に相場においても、ビットコインにつられるようにしてアルトコインの相場が上下していることが多いことが確認されています。

 

金本位ならぬ「ビットコイン本位」の世界へ

近代は金の保有量に比例した価値のある紙幣を用いて経済取引が行われていました。

これを金本位制と呼びますよね。

現代ではこのシステムは採用されておらず、強いて言うならば「米ドル本位制」であると言えるでしょう。

これからさらに仮想通貨の市場が拡大したとき、一体何が基軸通貨としての地位を確立するのでしょうか。

ここはやはりビットコインではないかと思われます。

世界中の仮想通貨の取引所ではアルトコインを買うためにビットコインを支払うという仕組みであることがほとんどです。

つまりビットコインが基軸通貨として運用されています。

アルトコインの価格表示も国際的に多くの場合でビットコイン建となっています。

この流れから考えるに、ビットコインが中心の世界が来るのではないかと考えられます。

 

tetrahedron-3118891__480

 

決済としての役割はビットコインキャッシュに

ビットコインが世界の基軸通貨となると仮定しても、やはりその利便性の低さは大きな問題のままです。

いわゆる国際的な決済手段としての目的のもとで普及が期待されていますので、日々の生活での支払いをどのように改善するかがポイントとなります。

ここで登場するのがビットコインキャッシュです。

ビットコインから分裂したこともあり、元から決済機能には長けていると言えます。

しかし市場での存在感は本家ビットコインに劣ってしまっているため、こちらはより決済に根ざした普及を目指したいところですね。

 

rings-2634929__480

 

金・銀・銅という考え方

日本ではその昔、金貨や銀貨が流通していた時代があります。

歴史に詳しい方ならおわかりでしょうが、金貨よりも銀貨の方が市民にとっては使い勝手が良かったのです。

つまりこれを仮想通貨に置き換えると、ビットコインが金・ビットコインキャッシュが銀・その他が銅と言えます。

この二大巨頭が市場を支配するのではないかという考え方です。

様々な意見がありますが、こうして一周回って振り出しに落ち着くというのもまた興味深いものです。