ブロックチェーンだから絶対安全?仮想通貨投資のリスクまとめ

コインチェック事件を受けて

史上最悪のハッキング事件が起き、国内大手の仮想通貨取引所コインチェックからNEMが流出してしまいました。

これを受けて、仮想通貨にあまり詳しくない層から意外な声が聞こえました。

なぜブロックチェーンは絶対安全なのに、このようなことが起こったのか
「やはり仮想通貨というのは幻想に過ぎなかったのではないか」

といったものです。

こうした反応に対して、マウントゴックスの時ほどではありませんが、まだまだ本質的な情報が広まっていないことを感じます。
ここでは仮想通貨投資のリスクについてまとめます。

 

balance-3062272__480

 

ブロックチェーンは改ざんができない

ブロックチェーンについての具体的な説明は省略させていただきますが、「何がどう安全なのか」に焦点を当ててお話しします。

結論から言うと、私たちの身の周りの生活には大きなインパクトを与える技術ではありません。

銀行が人の手によって管理している作業がコンピューターによってなされ、ミスなく且つ改ざんされることなく執行されます。
これにより、お金をめぐるトラブルが発生しなくなるのです。

例えば、AさんからBさんに10ビットコインを送ったことなど、取引と呼ばれる取引はすべて記録されます。
そしてその取引記録は誰でも確認することができます

そうしたことから「絶対安全」という表現で世間では広まっているのです。

 

「暗号通貨」だから「人」は特定されない

前項では紹介したように、ビットコインをめぐる取引記録は誰でも確認することができます。
よって、コインチェック事件が起こった際もその足はすぐにつくのではないか?という見立てをした方も多いでしょう。

しかしながら、仮想通貨は「暗号通貨」とも呼ばれるように、そうした送受金記録は暗号という形でしか残りません

コインチェックからNEMが盗まれたことも、今どこに存在するかは容易に特定できます。
しかしながら、誰が盗んだのかは特定できません

そんな無責任な話があるのかと思われるでしょうが、私たちもプライバシーを守らなくてはならないのでこうしたシステムとなっているのです。

 

sky-3125608__480

 

取引所を信用しなくてはならない

絶対安全なのはブロックチェーンであり、取引所ではありません
やはりセキュリティ面での問題はどこの取引所も抱えています。

仮想通貨の取引所には大量のコインが安置されているため、ハッキングをするにはもってこいでしょう。
個人で管理できるウォレットと呼ばれる場所で保有することがしばしば推奨されるのはこのためです。

しかし、どれを買っても長期保有で儲けることができるという時代は終わったので、ウォレットに入れて保管しておくことが必ずしもいいこととは言い切れません。

複数の取引所に分散するのが、もっとも安全で流動性を維持するのに最適という声もあります。

 

秘密鍵を失ったら終わり

ウォレットに保管することは現時点でもっとも安全と言われていますが、秘密鍵と呼ばれるパスワードを失えばその資産を引き出すことができなくなってしまいます。

コインチェックの件で話題になった「マルチシグニチュア」についても、多ければそれだけ安全なのは間違いありません。

ところが一つでも秘密鍵を失えば事実上その資産も失ったことになります(セルフGOXとも呼ばれる現象)。

 

flash-2568381__480

 

価格変動が激しい

仮想通貨投資のリスクとしてもっとも有名なのが、この「ボラティリティ(価格変動)の激しさ」です。

まだ十分な流動性が確保されていないという現状があるため、相場は乱高下しやすくなります。
それこそ、例えるならリーマンショックやブラックマンデー、バブル崩壊の比ではありません。

そのことを理解して投資をするべきでしょう。