新型ウォレットアプリ「Ginco」が満を持して解禁へ!究極のセキュリティ対策を

Gincoがウォレットアプリを開発へ

Ginco は31日、シードラウンドでグローバル・ブレインから1億5,000万円を調達したことを明らかにした。同社では(中略)「Ginco」を開発しており、2月初旬に iOS 版、5月に Android 版をリリースする予定。今回調達した資金は、開発やマーケティング体制の整備に充てる。

引用:THE BRIDGE
仮想通貨ウォレットアプリを開発するGinco、シードラウンドでグローバル・ブレインから1.5億円を調達(2018年1月31日)より

今もっとも需要があると思われるウォレットについて、最新アプリを作るべく、大型の資金調達を行ったようです。

仮想通貨について個人で管理するためにはウォレットが欠かせなく、そうした本格的なものの開発が待たれているところです。

セキュリティ面において大切なものとなるので、しっかりとしたサービスの普及に期待します。

 

wall-safe-1044168__480

 

仮想通貨の管理は個人に責任

コインチェックの NEM 流出事件のニュースが世間を賑わせているが、被害が拡大した一因は、ユーザが保有している仮想通貨の多くを取引所に置いたままにしていたことにもある。(中略)コールドウォレットやハードウェアウォレットを開発するスタートアップが、世界的にも注目を集めつつある。

引用:THE BRIDGE
仮想通貨ウォレットアプリを開発するGinco、シードラウンドでグローバル・ブレインから1.5億円を調達(2018年1月31日)より

コインチェックの一件はウォレットについて深く考えさせられた大きな出来事となりました。

価格変動が激しいため、保有しているだけでなく、取引所に置いたまま短期的な売買をする方が儲かるというのも確かです。

しかしながら、本当に「仮想通貨本位」の世界が来るとなれば安全な保管方法を取るべきであるでしょう。

また資産の一部を長期保有用としてウォレットに入れておくというのも手です。

 

vault-2383965__480

 

イーサリアムだけでなく多種多様な通貨を

 Ginco は、最もコンシューマに近く、また偶然か必然か、仮想通貨ホルダーが必要とするタイムリーなソリューションと言えるだろう。Ginco が当初対応する仮想通貨は ETH のみだが、今後、ERC20、BTC、BCH、XRP、Ripple などにも順次対応する。

引用:THE BRIDGE
仮想通貨ウォレットアプリを開発するGinco、シードラウンドでグローバル・ブレインから1.5億円を調達(2018年1月31日)より

これが今回のプロジェクトの最大の目玉と言えるでしょう。

現行ではイーサリアムのみの対応ということですが、一般投資家も含めて数多くの仮想通貨に分散している人は多いと言えます。

そうした複数銘柄に投資している人にとって通貨ごとにウォレットを分けるというのは手間となっています。

多様な取り扱いをしてくれるウォレットが打ち出されれば、人気が集まるのは必至でしょう。

 

着々と進む公開に向けた動き

Ginco は会社設立から約1ヶ月、ティザーサイトが立ち上がってからもまだ数日だが、既に1,000名以上の事前登録ユーザがエントリーしているという。現在、社員をはじめ、業務委託やアルバイトを含む人員20名ほどが総勢で、ウォレットアプリの公開に向け邁進しているところだ。

引用:THE BRIDGE
仮想通貨ウォレットアプリを開発するGinco、シードラウンドでグローバル・ブレインから1.5億円を調達(2018年1月31日)より

多くの人のニーズがあるこのプロジェクトは着々と準備が進められているようです。

事前登録者数からもわかるように、すでに認知されて期待が集まっていることが伺えます。

公開が待ちきれません。

 

vault-1144249__480

 

投資家も熱視線を送るブロックチェーンビジネス

投資に唯一参加しているグローバル・ブレインは昨年、新会社 GB Blockchain Labsを設立し、ブロックチェーンスタートアップ向け特化ファンドの組成のほか、Omise らとともにブロックチェーン・スタートアップ育成やコミュニティ醸成に深く関わってゆくことを表明している。Ginco への出資も、この流れの一環と捉えることができるだろう。

引用:THE BRIDGE
仮想通貨ウォレットアプリを開発するGinco、シードラウンドでグローバル・ブレインから1.5億円を調達(2018年1月31日)より

新たなビジネスではなく、新たな概念として注目を集めているのがこのブロックチェーンです。

一つの概念につき、無限のビジネスが生まれるため、新規事業には率先して投資する価値があるのでしょう。

できたての市場で一定のシェアを取るために情熱を注いでいることがわかります。