ついに最終形態へ!イーサリアムの完成が目前に迫り、急騰スタンバイの状態に

目指すは「空気」のような存在

仮想通貨の中でも時価総額2位と圧倒的な存在感を発揮するイーサリアムについて、計4段階に及ぶ改良が進み、完成が目前に迫っています

今回はその最終形態へ向かうイーサリアムの今後について取り上げていきます。

まずはじめに、イーサリアムを創ったヴィタリック・ブテリン氏は、このイーサリアムの将来展望として以下のように語っています。

目指すのは「空気のような存在感」ということです。

私たちの周りにはごく当たり前のように空気が存在し、これは必要不可欠なものです。

こうして金融市場において、空気と同じくらい当たり前に使われることを期待しています。

 

glasses-213156__480

 

最終段階「セレニティ」が迫っている

イーサリアムは段階的にアップデートを行い、その機能性を追究してきました。

フロンティアから始まり、ホームステッドメトロポリスセレニティと続きます。

現時点ではメトロポリスまで進んでおり、残すは2018年中のセレニティ化のみとなっています。

セレニティによって一通りのアップデートは終わり、イーサリアムは最終形態となります。

この状態になることで、利便性も増し、価格の高騰も期待できます。

 

still-life-2905834__480

 

PoWからPoSに進化へ

セレニティを迎えることでもっとも大きな変化をもたらすのは、運営方式がPoWからPoSに変わることです。

技術的な仕組みを理解するのは難しいので、簡単に考えていきましょう。

PoWというシステムはマイニングの貢献度をに基づいて報酬が支払われます。

しかし、PoSは通貨の保有量や保有期間によってマイニング報酬が支払われるという仕組みです。

これによって巨大なコンピューターを使う必要がなくなるので、より効率的な運営が期待されます。

 

glass-845853__480

 

ICOへの参加はイーサリアムがもはや主流に

今後の流行となる可能性があるICOについては、イーサリアム建での参加が主流となっています。

これからは株式投資に変わるものとして、会社のプロジェクト別に資金を集めることができるICOが普遍的な投資先になるかもしれません。

そうした動きにより、イーサリアムの需要が伸び、価格が高騰していくことが考えられます。

投資の選択肢を広げるためにも、保有しておいて損はないでしょう。