イーサリアム最強説を検証してみよう〜コミュニティ×資本の力〜

ビットコインとの違い

今の市場ではイーサリアムという仮想通貨が人気を集めています。

中には世界最強のコインだという人もいるくらいです。

時価総額ランキング第1位のビットコインとの大きな違いは、スマートコントラクトという機能を有しているかどうかです。

つまり性能面のみで比較すれば、イーサリアムの方が良いと言えます。

 

ice-2062433__480

 

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、私たちの日々の生活における契約事項をブロックチェーン上に記録することができるプラットフォームのことを指します。

そのプラットフォーム上で結ばれた契約事項が執行され、金銭のやり取りが発生すると基軸通貨であるETHが使われます。

例えば保険金に関する契約を交わしていた場合、指定された条件を満たした時、自動的に保険金がETHで振り出されます

このように身の回りのあらゆる金銭に関する債権債務を簡略化することが期待されています。

 

ball-3153421__480

 

イーサリアム似の通貨はたくさんある

スマートコントラクト技術が生まれたことで、イーサリアム以外の通貨についても似た機能を搭載するものが現れ始めました。

各国に一つ以上はあるくらいの人気ぶりで、スマートコントラクトは今後必須となるかもしれません。

そうした中で、イーサリアムがこの市場を席巻すると言える理由はどこにあるのでしょう。

 

コミュニティが世界最大級の強さを誇る

仮想通貨の「強さ」を測る一つの目安となるのは、コミュニティの規模です。

保有者の数や認知度も含め、その通貨のプロジェクトを応援している団体の数に将来性が左右されるところがあります。

まがりなりにも通貨である以上はその流通量が信用度を高めてくれます

みんなが支えているということは意外にも性能より大事なことなのです。

 

fire-and-water-2354583__480

 

抜群の資本力と支持を集めている最高の通貨

時価総額を見てもわかるように、抜群の資本力を持っていることが大きな強みとなっています。

他のスマートコントラクト系仮想通貨に比べて、資本力で圧倒しているというのは間違いなく、これが最大の支持となってシェアを守ることになると思われます。

日進月歩で成長する技術により、後発の通貨に取って代わられるという心配もありますが、段階的に踏んできたアップデートやソフトフォークなどもあれば、その地位を守ることは容易です。

資本力についてはなかなか大きな変動は起こしにくいため、すでに市場を独占しているイーサリアムは強いと言えるでしょう。