UAEの保健予防省が新たなブロックチェーンシステムを公開

アラブ首長国連邦(UAE)の保健予防省は、「UAEブロックチェーン戦略2021」の取り組みとしてヘルスケアデータを記録して共有するブロックチェーンシステムを公開しました。このシステムによって医師や薬剤師など含む専門家が現地の保健関連当局らと情報を共有できるようになり、医療分野でのデジタル化を推進することが可能になっています。

9月18日、アラブ首長国連邦(UAE)の保健予防省は、ヘルスケアデータを記録して共有するブロックチェーンシステムを公開したことを、エミレーツ・ニュース・エージェンシーが報じました。

同プラットフォームによって、医師や薬剤師など含む専門家が現地の保健関連当局らと情報を共有できることがこの新たなシステムの利点です。保健予防省のサポート・サービス部門に所属するアワッド・サギール・アル・ケトビ氏は以下のように述べています。

「同省は、ブロックチェーン基盤の分散型データベースに必要なインフラを開発しました。第1段階としては、医療従事者の評価システムを官民の保健当局や他の関連機関とリンクさせ、ヘルス関連の専門家らのポートフォリオにアクセスできる1つのデジタルプラットフォームを生成することです」

ケトビ氏は、同ソリューションは昨年4月に発表したエミレーツの「UAEブロックチェーン戦略2021」の一環だと指摘しています。同戦略では、UAEは2021年までに連邦レベルで政府取引の50%をブロックチェーン技術を用いて行う予定となっています。

保健予防省はまた、eヘルスサービスの開発にも取り組み、デジタル技術の統合とビッグデータを活用し、ヘルスケアの質、効率性、安全性の改善計画を提示するとも公表しています。