Tether:ステーブルコインCNHTを正式発表

9月10日、ステーブルコインを取り扱うTether社は、新たな通貨バスケットとしてオフショア人民元(CNH)への対応を発表しました。同時に、オフショア人民元の価値に連動したステーブルコイン「CNHt」を発行し、販売することを明らかにしました。なお、現時点ではCNHtの提供開始時期や販売先は明かされていません。

Tether社は、これまでに米ドルにペッグしたステーブルコイン「USDT」、ユーロにペッグした「EURT」を発行し販売しています。新たに取り扱うCNHtは、同社の3番目のステーブルコインとなります。USDTとEURTには、Bitcoinの拡張レイヤーをベースにしたものと、Ethereumのトークン規格をベースにしたものがあり、新たに発行されるCNHTは、ERC-20のみに対応するとのことです。