INGチーフエコノミストが、2-3年のデジタル通貨について予測

オランダの銀行 INGのチーフエコノミストは、2〜3年で「本格的な」デジタル通貨が中央銀行によって開発されることを予測しています。

2019年9月27日(現地時間)に公開されたINGの動画の中で、マーク・クリフェマイト(Mark Cliffemight)氏はフェイスブックが主導する暗号資産プロジェクト「リブラ」が金融当局にプレッシャーを与えていると話しました。

リブラのローンチが2020年に予定されるなか、中央銀行もそのタイムラインに合わせる必要があるでしょう。

銀行はデジタル通貨によって物理的な現金を置き換え、その結果として金利のマイナス領域が可能になると同氏は話しています。

リブラが中央銀行に、より真剣にデジタル通貨を検討することを促している兆候はすでに出ています。

9月半ばにフランスのブリュノ・ルメール(Bruno Le Maire)仏経済・財務相は、EU(欧州連合)でリブラを阻止する計画を立てていることを表明しました。

また、同氏はECB(欧州中央銀行)の総裁らと「パブリック・デジタル通貨」の作成について議論したことも明らかにしました。

もちろん、中国は先頭を走っています。中国もリブラによってデジタル人民元の開発を急がされており、デジタル人民元はほとんどローンチの準備が整っているようです。