リブラからの大量脱退の原因について米財務長官が言及

スティーブン・ムニューシン米財務長官は、フェイスブックの暗号通貨リブラの支持者が、このステーブルコインプロジェクトが規制基準に達しないことを懸念してプロジェクトから脱退したと述べました。

ムニューシン氏はCNBCに対し、リブラが金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)による米国のマネーロンダリング基準に達しない場合、強制措置が取られる可能性があると語りました。

「彼らは準備が整っておらず、基準に達していないことを認識していると思う。パートナーの一部は懸念を募らせ、こうした基準を満たすまで脱退することにしたのだろう。」とムニューシン氏は述べています。

ムニューシン氏は、リブラの代表者と複数回面談を行い、ステーブルコインの規制適用についての自身の立場を繰り返し述べたということです。

リブラを支持していた主要6社、VisaMastercardStripeeBayMercado PagoPayPalは 新暗号通貨の運営を目的とした非営利組織のリブラ協会から脱退しました。

ビザの広報担当者は2019年10月11日、「我々は今後も注視を続け、同協会が規制上の要求を完全に満足するに足るか等の多くの要素を勘案して最終的な決断を下すことになるでしょう。」と言及しています。

この脱退はグローバルなステーブルコインに関する主要7か国の作業部会のレポート草稿を受けたもので、同作業部会は規制上の問題のためリブラなどのプロジェクトは国際的な金融の安定に対する潜在的脅威であると評価しました。

同作業部会は金融安定理事会とともに、データの機密性・保護・アンチマネーロンダリング・テロリストへの資金供与防止・顧客確認の順守・脱税・公正競争・市場の完全性など、ステーブルコインを巡るさまざまな問題を提起しました。