Pantera Capital:投資家レターを公開し、キャッシングサービスの飛躍を明らかに

暗号資産投資ファンドのPantera Capitalは11月の投資家レターを公開し、PayPalCashApp関連のサービスの購入量がビットコインにおける新規採掘量を既に上回っているとの推定を行いました。

大量の既存アクティブユーザーを抱えているという点では、PayPalやCashAppが一般にビットコインを入手する簡単な方法を提供することによる影響は大きいと考えられます。Panteraでは先月の推定よりCashAppがビットコイン新規採掘量の40%に相当するBTCを購入しているという結果が出たことを引用し、新たなPayPalの推定と合わせるとビットコインの新規採掘量を上回るという結果が確認されています。

サービス開始から程ないPayPalの推定方法についてはPaxosのデータを用いていることが発表されました。PayPalの暗号資産インフラプロバイダーであるPaxos運営の取引所itBitは、PayPalで暗号資産が購入可能となってから取引高が急増していることを報告しました。

取引高増加から推定した場合の結果であれば、PayPalは既にビットコインの新規採掘量の70%に相当するBTCを購入する勢いとなっています。更にいCashAppとの合算で既に新規採掘量を上回っているものの、PayPalについては暗号資産取引サービス開始からわずかしか経っておらず、PanteraはPayPalが数週間以内に単独でビットコインの新規採掘量分以上を購入するようになるだろうとの声も上がっています。

またCashAppとPayPalについては個人投資家による利用がほとんどを占めると考えられるため、機関投資家の存在も追加するとなるとPanteraの表現するように文字通りビットコインが「不足」している状態が浮き彫りになっているといえます。

2つの指標から見る価格

Panteraが挙げた現在のビットコイン価格が決して高いとは言えない2つの指標は、対数での10年トレンドとGoogleでの検索動向となっています。

対数での10年トレンドでは一般水準である37,000ドルを優に下回っており、現在の価格を18,000ドルとすると長期の回帰を52%下回っています。

また、ビットコインの価格に比例してビットコインの検索トレンドが急増した2017年末と比較して見ると、現在のビットコインの検索動向が伸びていないことがここ数か月の間で明らかとなりました。

さらに、Pantera Capital自身のファンドのパフォーマンスも好調を示している模様となっています。レターによるとICOファンドのリターンが+281%を記録し、デジタル資産とビットコインファンドにおいても暗号資産インデックスのBloomberg Galaxy Crypto Indexを上回るリターンを出しているということです。