【独占】ZG.com、インタビューが実現!!

グローバルブロックチェーンリーダー韓国サミットに参加してきました!

今回、我々はグルーバルブロックチェーンリーダー韓国サミットに参加してきました!

同イベントは世界20の国と地域、1,000人のグローバルブロックチェーンの業界リーダーが集いブロックチェーン市場の今後について探究しました。

グルーバルブロックチェーンリーダー韓国サミット公式サイトはこちらから。

今回はそこで暗号資産取引所ZG.comのCEOである趙昌宇 氏を独占インタビューすることができました! 

ZG.com CEO:趙昌宇 氏インタビュー

取引所の乱立、競争が激しい現在においてZG.comは世界一を狙っていますか?

我々は世界一などのランキングには拘っていません。

だた、BinanceやCoinbaseなどの大手暗号資産取引所と並べるような取引所になることを目指しています。

なぜならこれらの取引所は多くのユーザーを抱えており、我々はこれらの取引所と同じかそれ以上のユーザーに我々のサービスを提供したいと考えているからです。

バイナンスは中央集権と分散化のハイブリットを目指しているが、今後このように取引所増えていきますか?

現在、中国をはじめとする世界各国で暗号資産などの厳しい規制がかかっています。

しかし、その反面ユーザーは法定通貨ペアなどより中央集権であり分散型されたバイブリッド取引所を求めています。

政府は規制しサービス提供を止めることは可能ですが、技術革新やユーザーのニーズを帰省することはできません。

そのため、今後このようなハイブリット取引所は増えていくでしょう。

ブロックチェーンを活かすために政府はどのような対応をする必要がありますか?

やはり現代に合わせた法律の作成、改正を行うことです。

現在、ブロックチェーン関する規制は各国で行われていません。だたし、暗号資産がそうであったように今後法律や条例など何らかの形で規制される可能性があります。

この時重要となってくるのは、政府側と企業・ユーザー側の2つの側面を元に規制や政策を作ることが必要です。

それぞれは違うものを求めているため、お互い共存出来る方法を見つける必要があります。

日本は金融商品としてビットコインを受け入れたがどのように評価しますか?

はっきりと言えることはこの試みはビットコインの価格を上げるということです。

どのような形でもビットコインが扱われ、需要が増え取引量が増えることは確実なので。

一般ユーザーが暗号資産取引所を利用するようになるためにどのような準備をしていますか?

一般ユーザーではなく投資家ばかりが市場に集まってくるのはアプリケーションなど市場へのアクセスが足りていないためです。

また、株式投資のような他の市場に比べ利益獲得が不安定かつ難しいという面もあります。

そのため、より見えない未来市場をクリアにする方法を提供することが一般ユーザーを誘い込む重要な鍵なります。

将来的には、法定通貨・暗号資産安慶なく様々な中華が混ざり合った取引所が出来ると私は思っています。

これにより一般ユーザーはより暗号資産に触れやすくなるでしょう。そのためにも法律や規制を見直すことは重要なのです。

ZG.comとは

ZG.comとはCayman島にある中央集権型の暗号資産取引所です。

本社はシンガポールにあり、アメリカ・ロシア・日本・香港・韓国・台湾・エストニアなど様々な国にオフィスを構えています。

ZG.comはユーザーと安全を第一に考えており、ユーザーのデジタル資産を安全に管理できる国際取引所を目指しています。

109種類のコインおよび205ペアの通貨を取り扱っています。

ZG.comの基本情報

公式サイト

公式 Twitter

公式Telegram

公式Weibo