ビットコイン:2万5千ドルを達成

12月26日の暗号資産市場でビットコインが米ドル建で2万5千ドルに達しました。米ドル2万ドルの過去最高値更新した12月16日から10日間での達成という記録を叩き出しました。

ボラティリティ急拡大局面における相場のオーバーシュートをはじめ、3年間で円高が進行を背景に17年の高値が250万円付近だった日本の取引所Zaifなども、今月26日に最高値更新を報告しています。

アメリカの市場がクリスマス休暇や年末で取引参加者が少なく薄商いとなる中で、SECがXRPの有価証券問題を巡りリップル社を提訴したことを受け、XRP市場が急落しました。これに続いてビットコインやアルトコインも一時連れ安したものの、アメリカの市場でコモディティとして認識され、材料も続くビットコインに市場の資金が流れていました。

今月24日、XRP市場はSECの発表で大幅安となっています。その後同月25日には、24時間で1億7,600万ドルものロングポジションがロスカットを記録するなど、ショートポジションの買い戻しが材料となり急反発するなどボラティリティの高い傾向が継続しています。

同月の26日にはBitstampがアメリカ国内でXRPの取引を一時停止する対応措置を発表したことを受け、米ドル建で0.3ドル、日本円建で30円を一時割り切ることとなりました。初の大手取引所の取引停止事例だけでなく、ODLに関連した取引所の対応として先行きの不透明性を投資家が嫌気した格好です。