BTCは支払い手段か? ビットペイなどの処理件数が増加

BTCは投信手段ではなく、支払い手段として使われているようです。暗号資産決済取引を手掛けるビットペイは2019年に約1,086億円相当の取引を処理したといいます。

また、ビットペイに加え米暗号資産取引所のコインベースは2019年に約146億円の暗号資産支払いを処理したといいます。

アマゾンやスターバックスなどでビットコイン支払いが可能となるビットコイン決済アプリの「フォールド」は2019年のホリデーショッピングシーズン中に決済アプリにて2,000件以上の取引を処理しました。

顧客はクレジットカードの請求書に何を購入したか表示されないようにビットコインを利用しているケースが多いといいます。

このように支払い手段としての利用が増えてきているビットコインですが、クレジットカードの支払回数には遠く及ばないのが現状です。