MIKSコイン:2月29日にコインニール上場決定!

フィリピンの暗号資産取引所「HARSEQ Exchange」の独自コインである「MIKSコイン」は2020年2月29日に暗号資産取引所Coinealに上場することを発表しました。

MIKSコインはフィリピンの人々の生活だけでなく、アジア諸国の生活に根付くことを目的としています。

コインニールの登録はこちらから

MIKSコインとは

MIKSコインとは、フィリピンのカガヤン経済特区でライセンスを取得した取引所である「HARSEQ」の独自トークンです。

600万人を超えるコミュニティとフィリピンの政財界と強いコネクションを持っています。

MIKSコインは以下の3つの目的の元活動を行っています。

  1. フィリピン経済成長への貢献
    1. MIKSコインはカガヤン経済特区でライセンスを取得しています。カガヤン経済特区は海外のフィンテック企業勧誘を行っており、暗号資産事業を通じフィリピンの経済発展に貢献します。
  2. 海外で働くフィリピン労働者への海外送金支援
    1. 暗号資産を利用することにより海外で働くフィリピン労働者の数千億円にの手数料を削減することが可能です。
  3. エンターテイメント事業
    1. MIKSコインは生活インフラやショッピングモールでの仮想通貨利用促進、オンラインカジノ、店舗型カジノなどエンターティメント事業の展開も行っており、MIKSコインを利用することにより買い物やカジノなどユーザーはスムーズな生活を提供することができます。

暗号資産取引所Coinealとは

Coinealとは2018年4月に設立された中国系の暗号資産取引所であり、BTC, ETH, USDT, Rippleほか56種類と豊富な暗号資産銘柄を取り扱うことができます。

日本語を含め英語・中国語・韓国語・ポルトガル語の5カ国後に対応しています。

98%の資産をコールドウォレットに保管するなどハッキングによる資産の流出を防ぐ対策も取られており、セキュリティも万全です。

MIKSコインの基本情報

公式サイト

ホワイトペーパー

総発行枚数:50億枚

流通枚数:15億枚