ビットコイン:10年で「ゴールド2.0」に

10年以内に「ゴールド2.0」に成長か

YammerやSlackへの投資でも知られる著名ベンチャーキャピタルであるSocial CapitalのCEO・Chamath Palihapitiya氏が、ビットコインについて前向きな見通しを述べた。

Anthony Pompliano氏のポッドキャスト番組の中でPalihapitiya氏は「ビットコインは今後10年以内に『ゴールド2.0』の位置に達成する。」と独自の見解を示した。

同氏によると、ビットコインを通貨としてより協力で妥当なものにするためには、新型コロナウイルスが市場に及ぼしているような世界的な危機は大きなきっかけになるという。「今回の危機が世界経済にどれほどの多大な変化をもたらすか十分に考えるべきである。」と指摘した。

今回の経済的かつ金融的な危機をきっかけとし、2030年までに世界経済がジレンマに陥いる可能性が出ているという。そのためビットコインは「安全な逃避手段」として見直されることになるとの見解を示している。

ビットコインには未解決の課題も

しかし現時点では、ビットコインは「まだ信頼するには余りにも投機的」で、米ドルやその他世界の主要通貨を置き換えるには不安定すぎるという。

債券市場よりもさらに重要な市場は通貨市場であり、法定通貨のボラティリティは比較的低いことから多くの市場参加者がビジネスの運営方法の重要な柱としてそれを使用しているのが現在の状況となっている。

一方、ビットコインは法定通貨の市場と比べて非常にボラティリティが高い。従って、ビジネスなどで効果的に使用することは不可能。「ビットコインが現在の不安定な場所から抜け出すのは、長期的保有の魅力を維持しつつ、デイトレーダーや投機家が全体的な割合から減少することが重要となってくるだろう。」とPalihapitiya氏は発言している。

同氏によると、2030年までには世界的に経済が大規模な金融緩和によって危機を脱することができなくなる可能性もあるという。また、そのデフレから脱却する唯一の方法は、金本位制のようなものに回帰することである可能性を示唆している。

そのような状況が現実に起きた時、ビットコインが選択にもなるとして金本位制のように中央銀行がゴールドを所有するのではなく、誰にでも所有可能で参加者の間でその価値が決定される価値のスタンダードになると展望した。