ビットコイン:短期上昇チャート形成

4月16日より短期上昇チャートを形成したビットコインは、3月20日以降からレジスタンスラインとして形成していた77万円台まで上昇を見せました。本記事では4時間足チャートを分析していきます。

77万円台到達後のビットコインは77万円台近辺で短期的な揉み合いを形成。今後の値動きとして77万円台を超えた場合、ビットコインは直近の上値となる81万円台までの上昇に期待が出来る相場となることが予想されます。

しかし81万円台近辺まで上昇した場合も、長期移動平均線である75日移動平均線の推移は続くことが予想されるため、その後の反落に注意が必要であるとの声も上がっています。

価格チャートの見方

現在抵抗線として機能する77万円台で張り付いた値動きを見せているビットコイン。特に4月17日に形成されているローソク足には多く下ヒゲを伴うローソク足が形成され、レンジ相場のレジスタンスライン突破を試みる展開が続いています。

また注文比率チャートからも4月17日までに買い注文量が上昇する動きが確認され、大衆心理として20日移動平均線突破後のビットコインは強気相場を意識する展開となっています。

今後の動き

今後の値動きとして、77万円台で張り付いた値動きを見せているビットコインはローソク足の形からも更なる上昇の可能性が高まってきています。

77万円台を突破した場合、上値は81万円台まで上昇する可能性が高まることが予想されます。しかし長期移動平均線が推移している価格帯であるため、再び反落の値動きを見せる恐れもあるため注意が必要です。

また現在の77万円台という価格帯から反落を起こした場合も、再び上昇の値動きを見せる場合があるため注目しておきましょう。