国際決算銀行:デジタル通貨開発熱背景に新型コロナの関連があると発表

デジタル通貨開発熱の背景に新型コロナウイルスが関連していると国際決済銀行幹部が発表しました。

BISイノベーションハブのトップであるブノワ・クーレ氏は4月17日に開催されたアクセンチュアなどが主催のウェビナーで以下のようにコメントを発表しました。「新型コロナの蔓延によって中央銀行発行のデジタル通貨に関する話への注目度が急激に増加している。」

さらに新型コロナウイルス発生の後、中央銀行や支払い決済業界にとって忍耐力・技術が2つの重要な分野になるとも予想しています。

さらに同氏は「今回の危機によって経済を回すことやソーシャルディスタンスを部分的に克服する上で必要な技術の重要性が見えてきた。オンラインショッピング急増や働き方・消費の仕方などの急激な変化は、経済関係に永続的な影響をもたらす。」と述べています。

また、新型コロナとデジタル通貨の関係については「CBDCに関する議論は急激に注目度は増加している。新型コロナが現金の終焉を加速させるのかはまだ定かではないが、様々な支払い手段にアクセスできることの重要性や広範な脅威に対する対抗手段としての支払い手段の重要性が浮き彫りになった。」と解説しました。

4月3日、BISは公報の中で新型コロナウイルスの影響でデジタル決済の普及が加速するという見解を示しています。