マネーグラム:CEOがリップルとの関係性について発言

米送金サービス大手のマネーグラムの会長兼CEOであるアレクサンダー・ホームズ氏は2020年第一四半期の決算説明会の中で、同社とリップル社について「特に新しいものを市場に出したり、サービスを拡大したりするという意味では比較的静かな四半期だったと言える。」と発言しています。

2019年6月、リップルマネーグラムと「戦略的パートナーシップ」を提携しています。さらにリップル社は5,000万ドルをマネーグラムに出資しました。またマネーグラムはメキシコへの送金でXRPを使用の決済サービスである「ODL」の利用などを2019年に開始しています。

ホームズ氏は2社の関係性について「昨年後半には多くを実施し、サービスのために多くの新しい送金航路を実際に完了することができた。」と評価しました。

しかし同氏は「リップル社がサービス拡大を続け、多様に行動しつつ、彼らが何求めるものは何なのか、製品がどのように見え、どのように感じられるのか、そしてそれを様々な市場にどうやって投入していきたいのかを理解しながら柔軟に対応し続けていきたい。そのため時間の経過とともにこれからも変化し続ける。」と述べ、リップル社はまだサービスやターゲット市場を盤石なものにするとまでは至っていないことを明らかにしました。

さらに、今回の発表ではリップルがマネーグラムのデジタル資産を利用したクロスボーダー決済と外国為替決済のキーパートナーとして活動することも報告されています。