ビットコイン:半減期の実行ブロック到達が大幅に短縮

ビットコイン半減期の実行ブロック到達が大幅に短縮するという見解がなされています。半減期を目の前にして、ビットコインマイナーがハッシュパワーを急速に高めています。

5月12日、暗号通貨のビットコインは4年に1度のブロック報酬の半減期を迎える予定となっています。実行ブロック到達は、日本時間12日の6時〜8時の予想となっていたものの、ビットコインハッシュレートの急上昇を背景に、早ければ2時台にも到達する可能性が大きくなっています。

11日20時現在のハッシュレートは、144.28 EH/sの前日比で21%高。さらに過去最高値を更新しています。半減期を目前にビットコインマイナーのハッシュパワーが急上昇している状態も続いています。

Blockchain.comのデータによると過去24時間に採掘されたブロックは181ブロックと平均の144ブロックを大幅に超過し、1ブロックの平均生成時間は7.34分を示しています。

このまま高いハッシュレートと平均ブロック生成時間が維持された場合、実行ブロックの630,000ブロックに到達するのは、12日未明の2時37分と予測されています。4年に1度の記念ブロックを争う競争が激化すれば、更に縮まる可能性も高まっています。