中国:10億ドル規模の詐欺発生

WoToken詐欺が判明

昨年から詐欺ではないかと指摘されてきたWoTokenでしたが、詐欺に関わったとされる主謀者6名らが当局によって逮捕されました。これについては裁判所の資料で判明しています。今年1月からWoToken公式サイトの動きが確認できなかったことから多くの疑問の声が上がっていました。

中国事情通のDovey Wan氏もこの件について「PlusTokenに引き続き、巨大な規模の詐欺スキームWoTokenが中国警察の取り締りを受けた。裁判資料によるとWeTokenは2018年7月から2019年10月までに、10億ドルもの暗号通貨を不正に取引していたということが判明している。」とTwitterに投稿しています。

中国の現地メディアによると、最終的な登録ユーザーの数は71万5,249人で、逮捕時の時価で約10億ドル近い金額になっていたことが明らかになっています。

5月14日、江蘇省塩城市(こうそしょう、えんじょうし)で最初の法廷が開かれ、被告6名は無罪を主張したものの、検察側はそれぞれこの詐欺事件に関わった責任に応じて6ヵ月から11年までの懲役刑が課されることとなりました。

6名の被告のうち1人は、PlusToken詐欺にも関わっていたということです。

WeTokenはウォレットの一種であり、1,000ドル以上の暗号通貨を預けておけば毎月6%から20%もの配当があるとシステムを売りにしていました。しかし実際には存在しない独自システムにより、アービトラージで利益を得ると謳っていたということです。ユーザーは自分が紹介した加入者に配当される利益の数割を得られると騙す、典型的なネズミ講でもありました。

莫大な被害総額

今回の被害規模は、中国で確認されたPlusTokenに続く規模となっています。

PlusTokenも同様に「高い投資収益」を謳った中国のウォレットサービスで、ネズミ講の詐欺であることが発覚していました。すでに被害総額は約29億ドルと推定されています。

WoTokenは現時点で、プラットフォームを設置・維持していた者、資金管理していた者などの主犯格も含め、被告6人が警察に逮捕され裁判が始まっているが、現時点で集めた暗号通貨を売却したかは公表されていません。

資金を集めた19年10月から半年間の期間が経過していることから、すでに集めた暗号通貨を売却している可能性は十分に考えられています。しかし、裁判で開示される資料等で市場がPlusTokenの事件同様、売り圧力を警戒する状況に発展する可能性も大きいということです。

昨年11月にビットコイン価格が急落した際、暗号通貨データ分析を行うErgoはPlusTokenの首謀者によるBTC売却の影響が大きいのではないかと分析しています。さらにPlusToken側は逮捕者が出た時期以降、1日あたり1,300BTCを売っていた報告しているということです。