著名人がトークンを発行できるプラットフォームGCOX:新たにPAC Payをリリース

GCOX COEXSTER Exchangeとパートナーシップを締結

2020年6月29日、Global Crypto Offering Exchange(GCOX)はBSPライセンスを取得したフィリピンの暗号資産取引所、 COEXSTER Exchangeとパートナーシップを締結したことを明らかにしました。

このパートナーシップにより伝説の世界チャンピオンボクサーであり、上院議員である、マニー・パッキャオ氏が発行するデジタル通貨、PAC Token(PAC)がフィリピン人向けプラットフォームを提供するCOEXSTER Exchangeに上場する予定です。

昨年9月、パッキャオ氏は初のメジャーコンサートをマニラのスマートアラネタコロシアムにて開催し、PACの販売を目撃した何千人ものファンの前でパフォーマンスを行いました。

PACは同氏の人気やブランドを定量化し、ブロックチェーン技術の利点を活用し変換したデジタルトークンです。同氏の何万人ものファンはGCOXの提供する同氏のファンは、特設ファンセレブプログラムにアクセスし、同氏とより密接な交流を図ることが可能です。

新サービス:Pac Payとセレブオークションプラットフォームを公開予定

新型コロナウイルスの混乱により、予定よりPACエコシステムの構築が遅れていますが同時に新製品の開発を行っています。

近日中には、ファンが著名人の直筆サイン入りの商品を入札することのできる「セレブオークションプラットフォーム」が稼働する予定であり、2020年後半には、パッキャオ氏と共同設立したe-walletの「Pac Pay」が正式に発表される予定です。

パッキャオ氏は以下のように語っています。

「我々はPac Payのモバイルアプリケーションの導入により地域市場により、地域市場に参入します。Pac Payは各地域の法制度に従い、私のファンが世界中の提携販売店でデジタル資産を利用可能にすることを目指しています。Pac Payのユニークな報酬システムにより、ファンはプライベートイベントに参加し私とより簡単に繋がることにより『購入できない』特典と体験を楽しむことができます。

また、私はPac Payを通して様々はバックグラウンドの人々と共に社会をより良いものにしていきたいと思っています。そのため、慈善活動の一環として収益の一部はフィリピンの恵まれない人々の支援のために利用されます。」

GCOXは安全かつ信頼性の高いプロトコル、ブロックチェーンを利用し、著名人やブランドの人気と文化を再定義することを可能にした初のプラットフォームです。

グローバルプラットフォームを活用したGCOXのエコシステムで、著名人は自身のライフサイクルの様々な段階においてブロックチェーン・拡張現実・AI・を利用したユニークなファンセレブプログラムを開発することができます。

様々な著名人方注目を集めるGCOX

GCOXのユニークなビジネスモデルには、伝説のサッカー選手であるマイケルマイケル・オーウェン氏やテニス界のスーパースターであるキャロライン・ウォズニアッキ氏も関心を示しており、自身をパーソナライズしたデジタルトークンの上場を両氏は志望しています。

昨年8月より、GCOXはブロックチェーン分野での製品開発をスペインのトップフットサルリーグ、La Ligaと共同で行っています。

このアジアと中東をカバーするパートナーシップにより、ファンとグローバルブロックチェーンコミュニティのための製品・サービス・社会的相互作用・サーカーツーリズムの開発を行います。

GCOXの基本情報

会社名:Global Crypto Offering Exchange Limited

担当:Jane Ye

メールアドレス:jane.ye@gcox.com