中国:OTCデスクにおける取り締まりを強化

中国の警察当局は、違法な経済活動取り締まり強化の一環として、暗号通貨のOTCトレーダーを拘束し、その顧客の銀行口座を凍結したことを明らかにしました。

OTCトレーダーで暗号資産レンディングプラットフォームであるRenrenBitの共同創業者ジャオ・ドン氏が杭州市の捜査当局に拘留されたという噂が、ソーシャルネットワーク上で拡散されています。

噂は7月2日、同氏の勾留について記述した画面キャプチャが現地コミュニティで拡散された後、WeChatで話題となり、現地のニュースメディアがこれについて報道しました。

これを受けRenrenBitは、6月下旬に北京のOTC取引チームが捜査当局に連行されたと、ソーシャルメディアのWeiboを通して発表しました。しかし、OTCトレーダーの誰かが逮捕されたわけではないことがのちに明らかになっています。

RenrenBitによると、ジャオ氏はOTCチームに投資していたが日々の取引業務には関わっていないということです。同氏は6月上旬、日本から帰国後、現地警察の詐欺やマネーロンダリングの捜査に積極的な姿勢を示しているようです。

OTCデスクへの恐怖

2017年、中国政府は暗号資産取引所での暗号資産と人民元取引の禁止を命じました。その結果、OTCプラットフォームは基本的には買い手と売り手をつなぐことでピアツーピア取引を可能にしているため、多くのトレーダーがOTCプラットフォームに移行する形となりました。

中国の個人ユーザーはOTCデスクを使って、人民元で米ドルに連動するステーブルコインであるテザーやビットコインを売買し、暗号資産取引を行っています。

これに精通する関係者によると、ジャオ氏は現在警察に拘束されているものの、単独で行なった事件ではないと明かしました。中国各省の警察は6月中旬以降、暗号資産OTCデスクに対する監視を強め、マネーロンダリングに対する捜査を活発化させるため、複数のOTCチームの連行を実施しています。

中国は継続的に取り締まりを強化

当局の捜査はOTCにおける暗号資産取引が必ずしも違法であることを示しているわけではないことを明らかにしています。しかし、組織的な捜査の対象となったことで中国のOTCデスク業務に影響を与える可能性は高まっています。

当局は6月上旬、OTC取引を通じたマネーロンダリングにからんだネット詐欺や出資金詐欺を手助けしたという理由で、複数のOTCデスクの業務を停止し、顧客の銀行口座凍結を行なっています。

暗号通貨、特にドル連動型ステーブルコインのテザーは、中国では出資金詐欺や詐欺組織によるマネーロンダリングに利用されていると以前から伝えられてきました。当局は今後捜査を進める上で、さらにOTCデスクの停止と顧客の口座を凍結する可能性があるとの見解を示しています。