G20:デジタル通貨の導入調整を開始

G20(20か国・地域)が、現金に代わる決済手段「デジタル通貨」を容認する方向で調整を行っていることが判明しました。

これまでデジタル通貨については、フェイスブックリブラを牽制してきましたが、日本を含む各国中央銀行の導入計画が本格化してきたことにより、方針を転換ということです。さらに中国がデジタル人民元の試用運転開始を行ったことにより米国が検討を始めたことも、G20も対応に迫られた理由であると予想されています。

2020年のG20は10月15~16日に米国ワシントンで「G20財務大臣・中央銀行総裁会議」の開催を予定しており、11月20~22日にはサウジアラビア・リヤドで「財務大臣会合・G20サミット」を行うことがすでに決まっています。

また、デジタル通貨に係るマネーロンダリングの防止など国際的な規制論議は、10月にも本格的に開始されることが明らかになっています。

CBDC実証実験の開始へ

7月、日銀はCBDCにおいて中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)の実現への準備について明らかにしたばかりです。

また今月2日には、技術面についてのリポートを公表し、中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)の実証実験を行う方針を明らかにしています。