金:11年ぶりに過去最高値を更新

金の価格が過去最高値を更新しました。これは11年ぶりの更新となります。

米ニューヨーク金先物は27日、1トロイオンス=1,944.35ドルを付け、2011年9月に記録した1,923ドルを上回ったといいます。

今回の高騰には、新型コロナウイルス感染拡大に伴う市場の不透明感が原因となっています。また、下げ材料になり得るドル高や株高といった場面でも高水準を維持しており、根強い中・長期の投資需要が市場を支えていたことが明らかになりました。

新型コロナウイルス のワクチンや治療薬開発に余念がないものの、世界経済の大幅後退は現在も続いており、市場の不確実性は当面払拭できないものと考えられています。

さらに、大規模金融緩和によって法定通貨の信認低下や低金利に伴う影響や株高を支える資金供給影響を含め、懐疑的な見方が金における投資のリスクヘッジ需要を後押ししている状態となっています。

新型コロナウイルスの覇権争いが激化する米中の対立も昨今のゴールド買いに拍車をかけている状態です。

6月19日、米ゴールドマン・サックスは金価格の見通しを上方修正しました。それと同時に、2021年には「2,000ドル」水準到達との見解が示されたレポートを公開しました。

レポートでは低金利と通貨安への懸念が、今後も金価格を後押しするとの見方を示し、経済不安に伴う先進国の投資拡大などが金価格のシナリオを引き上げた理由にあると説明されています。先日のFOMCでFRBは、「22年末まで現状のゼロ金利政策を続ける。」と発表しており、ゴールド市場やビットコインにとって追い風となっています。

さらに、金の価格変動は暗号資産の価格変動と相関関係が強いと言われており、ゴールドの値上がりにより暗号資産の価格にも追い風となることが期待されています。