NEMグループ:オプトインの開始日は9月15日に

暗号通貨ネムの新組織「NEMグループ」のDavid Shaw CEOが、新ブロックチェーン「Symbol」で利用されるトークンXYMについて、オプトインは9月15日から開始することを明らかにしました。

8月7日に新システムを開始と発表していたものの、テストやユーザーインターフェイス改良などに期間を設けたことから開始が延期になっていました。なお、このテストはすでに終了しており、問題は起きてないと公表しています。

これに関するウェブページと規約は同月15日に利用が可能となります。またXYMのオプトインはローンチ後6年間可能となっているものの、その方法に関する詳細については今後、発表されるということです。

同月15日からオプトイン可能となるのはネムのデスクトップウォレットとアンドロイド版のモバイルウォレットのみで、iOS版はまだ準備に時間がかかるため、利用は不可となっています。またマルチシグアカウントのオプトインは、デスクトップウォレットでの実施のみということです。

現時点でXYMを付与する仕組みを整える可能性がある日本の取引所は、XEMを取り扱う扱うZaifCoinCheckGMOコインbitFlyerの4箇所です。そして、自身でオプトインを行うユーザーに対しては、申請作業の代行を行う可能性がある取引所へのアカウント開設が必要であると発表されています。

ロードマップを最新に

また、Symbolメインネットローンチに向けたロードマップを最新のものに更新していることも確認されました。

最新ロードマップについてネムグループは「今回の更新は、先週にもCOOが発表していたものをロードマップ上に反映したものです。」と回答しています。