新型コロナウイルスが外為取引に与えた影響

新型コロナウイルスの流行は世界中に大きな衝撃を与え、私たちの日常生活にも大きな影響を及ぼしました。大きく影響が受けたものの1つに外国為替市場を含む金融業があります。世界の市場は急落し、世界経済はW字型の不況に直面していますが、このまま経済は再び落ち込むのでしょうか?

失業率、観光・ホスピタリティ・旅行産業に関する政策などの要因により紙幣需要な世界的に大きく変化し、外為市場では初めに中国とオーストラリアがコロナウイルスの影響を受けました。ウイルスが初めに発見されたのが中国であり、オーストラリアは中国の最大貿易相手国であったためです。

中国で確認された新型コロナウイルスは世界中に広まりスペインやフランス、イタリア、ドイツ、イギリスなどのヨーロッパの国々は深刻な影響を受けたため、投資家達はUSドルに目を向け始めました。FRBは梨状の流動性を高めたいという思惑があり、そのためにUSドルは手堅いと考えたのです。

また、アメリカの外国為替市場はヨーロッパやアフリカ、アジアとは異なり外需に大きく依存しておらず、「最後の通貨」と呼ばれるほど通貨への投資において一定の安心感をもたらしていました。しかし、医療サービスや投資によるUSドルの重圧は増えアメリカの景気後退は避けられない状況となっています。今後アメリカの動きは世界経済の復活に大きな影響を及ぼすでしょう。

市場のボラティリティを活用する外為トレーダー

2019年の市場ボラティリティは低く、オンラインでの通貨取引も消極的であったため、売買高も上がらず、収益も少ない年であり、外為トレーダーにとって苦難の年でした。しかし、2020年には株式市場と外貨為替市場が復活の兆しを見せ始めたため、昨年より世レーダーの動きが活発化してきています。特に外国為替市場は急速に変化しており、高い流動性と主に取引量も増加しています。

「現在のパンデミックよって引き起こされた高いボラティリティがあるにも関わらず、トレーディングは今も変わらず広く普及している活動だ。新型コロナウイルスの感染を防ぐためにソーシャルディスタンスが求められており、トレーディングを続けるためのベストな代替手段はインターネットである。」と投資家の資本市場での成功を支援しているRegal Core Marketsの外国為替市場分析レポートは述べています。

パンデミックは今後も続き、外国為替市場と世界経済へのプレッシャーもしばらくの間続くことが予測されます。その結果、市場には高いボラティリティが残り、利益をあげるチャンスが外為トレーダー達に巡ってくることになります。ヨーロッパを中心に多くの産業が取引を再開し始めており、投資家達は市場に活気が戻っていることを感じており、それに応じて取引高も増加し続けるでしょう。

外為取引高はパンデミック中にも増加

「新型コロナウイルスのパンデミック中にFX取引は約300%増加している。増加率は特に開発途上国で顕著で、新たに開設された口座の60%はアフリカ、東ヨーロッパ、東南アジアのものである。このような外延的成長は外国為替においては非常に珍しい。過去10年間の外為取引高の一日平均の増加率はわずか40%に過ぎなかった。」とThe Paypersのレポートは発表しました。

取引高の外延的成長にはさまざまな要因が関係していますが、その1つに多くの人が自粛生活を強いられ、為替市場を調べたり、取引をしたりする時間が増加したことが挙げられます。外国為替取引は他の取引より取引コストが少なく、資産の少ない人でも取引が始めやすかったと言えます。

まとめ

新型コロナウイルスという今まで体験したことないような事態が発生しており、これから2021年の間に外国為替市場で何が起こるか正確に予測することは困難なことです。新型コロナウイルスの第二波・第三波がすでに不安定な世界市場をさらに脅かす可能性も大いにあります。しかし、今後も為替市場のボラティリティは高くあり続け、取引高もそれに伴い向上するでしょう。それに伴い、通貨が値上がりする可能性は十分にあり、外国為替市場で利益をあげることができるでしょう。