コインチェック:対象通貨サービスの一時停止を発表

9月14日、コインチェックはイーサリアムクラシックの購入・売却とコインチェック積立における該当通貨積立を一時停止するとの旨を明らかにしました。

イーサリアムクラシックの購入・売却の一時停止日時は9月15日17:00からを予定しているものの、再開される日時は未定となっています。しかし2020年8月6日より一時停止していたETC送金を再開することも同時に発表されました。

一時停止は「51%攻撃」が原因?

コインチェックは公式ブログを通し、一時停止判断に至った経緯について「51%攻撃」が原因とみられる大規模な再編成の影響があることを発表しました。

2020年8月初旬よりイーサリアムクラシックは「51%攻撃」が原因とみられる大規模な再編成が継続的に発生していることが問題視されていました。それを受けコインチェックをはじめ国内外の暗号通貨取引所がETCの送金・受取を停止する措置を開始しています。

コインチェックは今回のサービス一時停止について以下のようにコメントを発表しています。

「今後はコインチェックにおいてETC取引が増加した場合、当社がリスク軽減を目的として国内外の暗号通貨取引所間で行うカバー取引を行うための送金・受取ができなくなります。これを考慮して、顧客の資産を法令に基づく方法で安全に管理できなくなることへの懸念や顧客の売却に応じられない可能性が高いとみられるため、ETCの購入・売却およびコインチェック積立における該当通貨の積立を一時停止する運びとなりました。」

一時停止対象サービス

一時停止の対象サービスは以下の通りです。

  • コインチェックにおけるETCの「コインの購入」「コインの売却」
  • コインチェックアプリにおけるETCの購入・売却
  • コインチェック積立におけるETCの積立