分散型金融システムが経済情勢に与える影響

これまでの数年で世界経済は大きく成長するとともに、テクノロジーを利用する人口は増加し、世界のGDPは2015年依頼、最高値を記録しています。この成長の要因は金融機関と考える人が多いかもしれないが、実際は現在の金融機関の活動は制限されており、世界経済の成長も止まってしまっています。

現在社会はグローバリゼーションの促進とテクノロジーの進歩によりすでにグローバル化の新たな段階に突入しています。個人が以前より信用して資産を預けられる金融機関を強望むようになったのもこの流れによるものです。また、テクノロジーが広く復旧したため、世界経済と資本市場への参加障壁となっていたものが取り除かれ、より多くの人々がコストと時間のかかる金融システムではない他の方法で経済活動に参加できるようになっています。

資産情報へのアクセスが簡単になったことにより多くの人々が自分の資産保護に気を配るようになり、中央集権機関は自身の活動にもっと責任を持つべきだと考えています。ブロックチェーン技術は多くのソリューションとその応用を金融業界にもたらしており、専門家たちは分散型金融システム(DeFi)によって現在の金融機関システムにパラダイムシフトが起きると考えています。DeFiによって現在の経済システムの欠点の多くが解決され、銀行口座を持つことのできない層へも金融サービスが広がることが期待されます。

分散型金融システムの理解

「金融業界ではブロックチェーン技術によって従来よりも分散され、革新的であり、そして相互運用性が高く、ボーダーレスで透明な分散型金融サービスが発展している。分散型金融サービスでは、取引手数料が減少し、金融包摂は拡大し、外部からのアクセスが増え、自由参加型のイノベーションが奨励され、起業家やイノベーターたちに新たなチャンスをもたらすだろう。」
とスティーブンス工科大学ビジネススクール研究論文にて発表された研究は述べています。

従来の中央集権の金融システムは手数料が高く、サービス内の利用が制限されているものがあり、特に新興国でその傾向が強くみられます。DeFiは送金手数料、サービス手数料を含む全ての手数料を下げ、今まで富裕層のみが活用することのできたボーダーレスかつ透明な金融サービスを誰もが利用できるようにしている。

公債、預金、保険、投資などさまざまな金融サービスが世界中に存在していますが、これらのように製薬の多いサービスのか代わりとなるグローバルサービスを産み出そうとしているのが、DeFiです。DeFiはインターネットへのアクセスさえあれば誰でもその金融サービスを利用することができます。そのため、DeFiは銀行口座を持たない1.7億人に世界の経済システムに呼び込み、世界経済に貢献することを目的としています。

分散型金融システムvs従来型金融システム

「従来型金融では、国家間で異なる通貨価値を管理する中央集権機関が用いられる。銀行などの金融機関は共通の価値に基づいた貨幣取引を可能にするが、その価値とは取引される通貨を発行する国家のGDPに左右される。」と分散型金融サービスプラットフォームJenco分析報告書には述べています。

また、「例えば現在の為替相場が1米ドル0.76英ポンドであるとした場合、貨幣の交換はすべてこの価値に基づいて行われる。通貨価値は取引される時間や場所によって変動する。」とも述べています。

従来型金融は国家間での異なる通貨価値の管理以外に、制限付きの媒介者としての役割を果たします。このような種類の金融システムは銀行などの中間機関があり1つの取引を担当しているため、システム内のプロセスが完了するのに数日ほどの時間がかかってしまいます。同時に、コストが高く、多くの取引にサービス手数料が発生します。

バーゼル大学の研究では、「DeFiは従来の金融セクターとは異なり、中間機関や中央集権機関に頼ることがなく、代わりにオープンプロトコルと自律分散型アプリケーション(DApps)がベースになっている。」と報告しています。分散型金融システムでは中間機関は一切介在しないため、手数料を請求される中間機関がありません。また、取引はスマートコントラクトを通して実行されるため数秒で完了し、手数料も発生しません。

さらに、分散型金融システムは安全性と透明性が高い点が最も評価されています。他の中央集権型金サービスとは異なり、隠れコストがないため、今後の世界金融システム同士の競争が激化することが予測されています。

まとめ

分散型金融システムによって世界経済システムが完全に民主化される可能性は幾度となく議題として上がっていますが、果たして本当にそんなことが可能なのでしょうか?

DeFiの今後は未知数です。従来型金融サービスとは異なり、分散型金融システムの認知度はまだ低く、インフラが完全に整備されるまでサービスが主流になることは難しいでしょう。しかし、技術の進歩によって我々はデジタル世代に突入し、時代とともに分散型金融システムを求める声は自然と増えていくことが予測されます。