Uniswap:大規模な給付金の配布が世界的に話題

9月17日、Uniswapの独自ガバナンストークンである「UNI」が取引ユーザーに対して大規模のエアドロップ(無料配布)イベントを行ったことが話題になっています。

このイベントではUniswapを利用していたユーザーや流動性プロバイダーおよびSOCKSトークンのホルダーが対象となっており、合計で150,000,000UNIのエアドロップが9月1日までに実施されました。

なお、イベントで配布された金額も話題を集めており、150,000,000UNIは昨日の高値(4ドル帯)で、6億ドル(約630億円)に相当する規模となっています。

さらに流動性プロバイダーには流動性プールへの貢献の割合に応じて給付金が配当されます。それだけではなく現在までにUniswap利用のユーザー全員に一律で400UNIが付与されています。またこの400UNIは当時のレートで1,600ドルに及び、米政府が新型コロナの景気刺激策としてすべての国民に付与した1,200ドルの給付金を上回っていることも話題となっています。

Uniswap流動性マイニング

4年間かけて行われるトークンディストリビューションには、流動性をUniswap v2に供給することでLPトークンをスマコンでロックアップする流動性マイニングが用いられることが明らかになっています。

流動性マイニングに該当するUNIトークンは1つのプールにあたり、5,000,000UNIが充てられることが決まっており、4ドルの価格の計算では2,000万ドルに相当するということです。

日本時間9月18日21時よりマイニングが開始されます。最初のマイニング期間は今年の11月17日21時までと設定されているものの、開始後30日からはガバナンスシステムが開始されるため、UNIトークンの資金プールの管理や、マイニングプールの増設などに関する提案にUNIトークンを利用し投票することが可能になります。

UniswapはDeFiプロトコルのガバナンストークンマイニングの競争において、トークンをリリースすることにやや出遅れ、一時フォーク版DEXのSushiSwapにトータル・ロックバリューで超えられていました。しかしトークンリリース発表を受け、多くの流動性プロバイダーがSushiSwapからUniswapに移し始めたために現在Uniswapの順位は再びトップ3に復帰しています。

イーサリアム価格にも好材料

UNIトークンのリリースが発表されイーサリアムの価格はビットコインと逆相関性して単独上げとなっていました。

この理由の1つにUniswapの流動性マイニングの対象となる4つのプールにあると見られています。これらのプールはETH/USDT、ETH/USDC、ETH/DAI、ETH/WBTCでUNIトークンをマイニングするため、ETHをプールに提供する必要があるため、買いの需要に繋がったのではないかと考えられています。

また、経済・暗号資産有識者のAlex Krugerも「Uniswapの流動性マイニングはETHの価格によい効果をもたらし得る。」との見解を示しています。