東南アジアはなぜオンライントレード業界を支配可能なのか?

紙ベースだったシステムをデジタルプラットフォームで変革

以前まで取引は一般的に対面で行われており、ブローカーの選定やトレンドやトレードについての話し合いなど全て対面で行われていました。しかし、2018年末からオンラインを利用したやりとりは急速に増加し、新型コロナウイルスの増加に伴う様々なきせいにより、オンラインの利用は増加の一途を辿っています。

東南アジア地域では、オンラインでのFX投資や取引が増加するにつれ新たなブローカーが増加するなどアメーバのような拡大が発生しています。これは業界としては奨励する事であると同時に東南アジアではその地域の課題にまず取り組むべきではといった懸念も抱かれています。

新たなブローカーの誕生は業界の成長を表していますが、コンプライアンスと規制の問題が付き物です。新米ブローカーは規制要件を守ることはもちろん、サービスに関わるすべての関係者ができるかぎる透明性を守ってコミュニケーションをとることが今後大切になってきます。関係者全員が正しい行いをしていれば、市場は規律を維持することができ、より多くのサポートを提供することができます。

現在のような不安定な時代では、顧客に保証と信頼を提供できるプローカーの需要は高くあります。

Vast Triumphは「新型コロナウイルスの大流行は、投資家とブローカーに新たな視点をもたらしました。市場はますます予測不可能になりつつあり、投資家はより確実性の高いオプションに集中するようになっています」と述べていますおり、Vast Triumph、Axion Trade、Vantage FXなどの企業はこれを実現させようとしています。テック業界がどのように業界拡大に手を貸すことができるかがブローカーの業界盛り上げの役割と同じほど注意を払う必要があります。

市場のさらなる成長には技術の進歩が必要

トレードファイナンスは東南アジアの対外的にも域内的にも、トレード業界の成長を促進する上で不可欠なツールになると専門家は確信しており、そのためには現地銀行のサポートがとても重要となります。ブローカーと現地銀行の癒着はこの分野で繰り返し問題となっており、取引における流動性と信頼性に問題が生じています。

このような問題解決のためには取引の技術的進歩とブローカー・現地銀行・その他重鎮関係者の間にシームレスなデジタルブリッジが必要です。利便性をもたらし、安全性を高め流事につながり、紙ベースのシステムは機能性に欠けるため、世界は神ベースのシステムを捨てることが必要になっています。これらのシステムはバッグログを生み、それに伴い大きなセキュリティリスクをもたらすため、デジタル化が急速に進行している現在社会では持続的ではありません。

現在のシステムは紙ベースから電子ベースのコミュニケーションに移行する事によるメリットを多く体験しており、今後デジタルソリューションはサプライチェーン全体のスピード・効率性・透明性・セキュリティなどを向上させる可能性を秘めています。

デジタル化によりトレードエコシステム内で生成された情報を容易に利用・転送することができ、これによりグローバルな銀行ネットワーク同士が協力することが容易となります。さらに、デジタル化により紙ベールで行っていた取引では見つけることができなかった不正行為を発見することができるようになりました。

トレードパートナーシップ – 成功への鍵

東南アジアが経済大国になるためには、デジタル化が早期に現実のものとなることが鍵となり、銀行や規制委員会など、この地域の重要なプレーヤーはが、技術の進歩を受け入れ、それぞれのニーズに合わせた技術を適応・開発していくことがとても重要とされています。

しかし、現地銀行はこれらを実行をするにあたり提示された問題解決に精いっぱいであり、トレーダー達はデジタル化促進において地方銀行にあまり頼れないのが現状です。リソース面でも新たな技術開発ボリューム・スピード感・最新のデジタルトレンドの理解面などでも様々は問題が残されています。

ブローカー・取引プラットフォームはこの重要な成長に必要不可欠な銀行の戦略的パートナーシップの出番です。現在、取引プラットフォームとブローカーであるVast TriumphとAxion Tradeは、東南アジア地域とその周辺のパートナー間で変化を促進することに注力しているパートナーシップの1つです。

本格的なデジタル化の幕開け

この地域の成長ペースを維持するための最善の方法の1つとして、業界を支援してくれる地元や世界のプレイヤーの専門知識や技術を活用することが挙げられます。国際的な協力関係を持ち、優秀な人材からのインプットを得る事により、関係者全員でリソースの枯渇を回避するという付加的なメリットももたらします。

東南アジアは、あらゆる面で世界経済の主要な部分を占めるようになってきており、金融や技術産業の動きもあり、この成長は指数関数的な方向に進むと思われます。