アメリカ政府:シルクロードの関係アドレスからビットコインを押収

ダークウェブ「シルクロード」に関係するアドレスが所有する10億ドル相当のビットコインをアメリカ政府が押収したことが判明しました。

すでにアメリカ政府はアドレスの所有者を特定し、BTC押収に同意させている状態です。BTCがハードフォークしたことで新通貨が生まれ、入手した同量のビットコインキャッシュやビットコインSV、ビットコインゴールドも押収され、アメリカの歴史上、最も大規模な暗号資産押収となりました。

今回対象となったBTCは今週中に移動したことが確認されています。BTC保有量を示すランキングでは4位となっていた大口アドレスから、6万9,369BTCが移動しています。送金記録によると、このアドレスから出金は5年半以上行われていなかったことが明らかとなっています。

当時「unknown」と表記され不明となっていた送金先アドレスは、ブロックチェーン分析企業のCipherTraceによって送金元がシルクロード関連のアドレスであることが特定されています。

裁判所が公表した文書では、このアドレスはハッカーが所有しているもので、シルクロードをハッキングし、BTCを盗んでいたということです。さらにシルクロードの創設者Ross Ulbricht氏は過去にハッカーを特定し、盗まれたBTCを返還するように求めていたものの、ハッカーは返すこともBTCを使うこともしなかったという事実も文書内で明らかにされています。

そのためブロックチェーン分析企業Chainalysisらの捜査によって、今回の巨額規模の不正取得資金の押収に繋がることになりました。

シルクロードとは?

「シルクロード」は薬物の売買などが行われていたダークウェブです。2011年に開設され、2013年に当局によって閉鎖されています。創設者のUlbricht氏はすでに逮捕されています。

BTCはシルクロードにおける売買の決済に利用されており、過去に押収された分は米連邦保安官局によってオークションにかけられていました。

2014年にはシルクロードから押収した計3万BTCをシリコンバレーの著名投資家Tim Draperが買い取り、買取金額は1,900万ドルとなっています。したがって、現在まで保有していれば474億円超になっている計算です。

また、今年4月には終身刑で服役中のUlbricht氏がブログでBTCの相場を予想したことも話題になっています。