FX市場でのソーシャルトレードの活用方法

ソーシャルトレードの可能性

近年のシンガポールと香港特別行政区における海外為替取引高は日本を上回っており、両国と日本の取引高の差は広がり続けていると日銀レビューは報告しました。しかし、中長期的目線で見ると、中国・ASEAN諸国とのモノやサービスの取引拡大に伴い、アジア通貨の取引高も増加しているため、東京外国為替市場は今後再度活気を取り戻すと期待されています。また資本取引や資金の移動も増加しており、ポストコロナの日本の金融市場全体はますます発展していくと考えられています。

外国為替市場は世界最大の取引市場であり、外国為替取引ではユーロ/ドル、ドル/ユーロなどの主要通貨ペアが85%以上を占めています。コロナ禍の市場ではスプレッドの幅と現金化の方法が限られてきていることが最大の課題であるとリフィニティブは同社の顧客を調査しています。スプレッドの幅に関しては、ヘッジガンドと銀行にとってはかなり重要な課題となっており、外国為替取引のリスクと複雑性を高める結果となっています。

ボラティリティが高まると不確定要素が増加していま歌め、トレーダーの多くベストな取引戦略を模倣すべく、取引プラットフォームの自動注文執行機能を利用し、利用のできる関係性ベースの価格設定を統合しています。また、表面上に現れていない最良価格を発見し、リスク軽減を行い、収益を得る方法の1つがソーシャルトレードです。

ソーシャルトレードとは、オンラインで取引を行うトレーダーが他のリテールトレーダーから取引戦略を模倣することにより、経験と専門知識をつけ、それらも用いて自身の口座で取引を行う方法であり、リテール取引において人気を集め、数年で大きく成長していきました。

最新のFX市場の傾向をソーシャルトレードによってキャッチ

情報とは、社会経済の進歩に不可欠であり、FXトレードなどの金融活動を左右する要因となります。実際、FXトレードの黎明期では、トレーダーはメールマガジンなどを通じ成功を収めたトレーダーをフォローしており、これがソーシャルトレードの始まりと言われています。現在は、コンピューターやSNSの復旧、取引のデジタル化に伴い、トレーダー同士での情報共有は加速しており、ソーシャルトレーディングプラットフォームなどが活用されています。個人がどこにいても 他社と継続的に繋がることができるSNSの利用方法と類似した動きがとられています。

FX取引は、他の金融資産取引とにており、トレーダーは現在の通貨ペアが上昇するか、下降するかを予測し売りか買いを判断しています。そのため、市場心理に気にかけ、経済成長率やインフラ率など経済に関する公的統計に注意を払い取引を開始するタイミングを見極めることが非常に重要です。しかし、公的統計情報は発表までに時間がかかるため、今後の動きを読むため非公式の数字にも注目する必要があります。

多数のエリートトレーダーが集まり、多くの情報が得られるプラットフォームではFX市場心理の指数を知る上で重要な役割を果たすとともに、トレーダーの物価動向への理解と行動指針決定に役立ちます。また、マーケットコンセンサスを理解することは、FX市場や他の市場に対する理解が深まり、地震が取るべきポジションを正しく認識することができます。しかし、逆張りトレーダーは特定の通貨ペアを売買しようとしている多数派をさがり、市場心理とは反対のポジションと取る構えです。

FX市場はソーシャルトレーディングプラットフォームを通して研究することができ、実際に専門家はユーロ/ドルやドル/円などの主要な通貨ペアを分析しています。スレッドと流用性に影響を及ぼす今後の経済データは特に注目する必要があり、トレーダーは重要な経済データ発表前にトレードを行うことを避けることが得策でしょう。ソーシャルトレーディングプラットフォームを利用することにより、直接にしか入手できない情報やブラックスワン的イベント、その他の注意すべきニュースといったデータを通常より早く入手することが可能です。

ソーシャルトレードの特徴:コピードレード

外国為替のソーシャルトレードは、市場心理の指標になるのみならず、オンラインFXトレードの場所提供もしてくれるという特徴があります。そのため、オンライン取引を通じ、経験豊富なトレーダーの行動を観察し、リアルタイムで彼らの行う取引戦略をコピーすること可能です。例えば、トレーダーAが完全にトレーダーBをフォローしている場合、トレーダーAは自動的にトレーダーBのトランザクションを全て実行するこのが可能となるということになります。

通常のトレードでは一目均衡表やボリンジャーバンド、移動平均などの各種分析手法を必要とすることが多いが、素人がすぐにこれらの分析手法を活用できるわけではなく、長期間かけ習得する必要があります。つまり、これらFX取引を始めるトレーダーにとって、ソーシャルトレードという戦略は悪くないと言えます。

「ソーシャルトレードを利用するトレーダーは、ソーシャルトレードを利用しないトレーダーよりも311%多く利益を上げ、ソーシャルトレードと非ソーシャルトレードを組み合わせて利用するトレーダーは、非ソーシャルトレードのみを利用するトレーダーよりも125%多くの利益を上げている。」とFinance Magnatesのブログで述べている。

個人トレーダーをフォローするか、チームをフォローするかの判断は慎重に行うことが求められます。「インフルエンサーたちは取引の成功よりもフォロワーの獲得に注力してしまう傾向がある。フォロワー数に応じて報酬が多くなるからである。これは利益相反である。」とゲインスカイの考えとして語られており、フォロワー数比例し報酬の獲得に注力してしまうため、インフルエンサーはトレードで結果を出せなくなってしまう傾向にあります。そのため、トレーダーは状況をきちんと観察し、最良の選択をする必要があります。

透明性のある、はっきりとした考え方を持つ

80%のトレーダーが長期的に損失を計上していることがKNFによる外国為替トレーダーの収益性に関する調査でルーレットテーブルという概念が紹介され明らかになりました。トレーダーは勝ちトレードで上げる利益よりも、負けトレードで発生する損失の方が常に大きくなるため、トレーダーが犯してしまう最大の過ちはトレーダーの心理に関係しています。つまり、ノーベル賞受賞の臨床心理学者であるダニエル・カーネマンが意思決定の研究に基づいて提案したプロスペクト理論でも述べたれているように、利益がもたらす喜びよりも、損失による心理的影響の方がはるかに大きいということす。

人間は、勝率のあるポジションのリターンに目が行き、望ましくないのポジションの損失に長い時間積み重ねてしまうという傾向にあり、「ソーシャルトレーディングプラットフォーム上では、トレーダーのディスポジション効果は、そのトレーダーの戦略に投資したフォロワーから受ける注目度合に影響されることが分かった。」結論づけられています。ディスポジション効果がソーシャルトレードの透明性にによって誘発され、トレーダーの心理的影響を最小限に留めることができるとこの研究は提言してます。

ソーシャルトレードの最大のメリットの1つは透明性です。誰もが全ての行動と取引結果を見ることができ、トレーダー同士は、投資のアイディアやトレードの成功失敗について議論することが可能です。その結果、コミュニティ内のトレーダーはお互いを教育しすることができ、トレーダーが明確で急進的な考え方をもてるソーシャル活動の場となっています。これは、従来の一方通行かつ、周りの動きに気づきにくい従来のコミュニティと大きな違いです。

まとめ

外国為替取引は、投資家やトレーダーが初めに選択する投資方法の1つです。コロナ禍で一時は非活動的となりましたが、現在ではソーシャルトレードのようなオンラインプラットフォームなどを活用し、より協力に、安定した発展を続けています。また、それだけではなく、金融包摂の推進、取引の簡易化、FX取引の流動性の強化などにも役立っています。

ソーシャルトレードは経験豊富なトレーダーの戦略や最新の外国為替市場傾向の情報提供に加え、プラットフォームの透明性を用いてトレーダーがより効率的な判断や、空間と時間におけるブレイクスルーの実現に役立ち、リスクを最小限に抑え、利益率を改善することを可能にします。

近年のシンガポールと香港特別行政区における海外為替取引高は日本を上回っており、両国と日本の取引高の差は広がり続けていると日銀レビューは報告しました。しかし、中長期的目線で見ると、中国・ASEAN諸国とのモノやサービスの取引拡大に伴い、アジア通貨の取引高も増加しているため、東京外国為替市場は今後再度活気を取り戻すと期待されています。また資本取引や資金の移動も増加しており、ポストコロナの日本の金融市場全体はますます発展していくと考えられています。

外国為替市場は世界最大の取引市場であり、外国為替取引ではユーロ/ドル、ドル/ユーロなどの主要通貨ペアが85%以上を占めています。コロナ禍の市場ではスプレッドの幅と現金化の方法が限られてきていることが最大の課題であるとリフィニティブは同社の顧客を調査しています。スプレッドの幅に関しては、ヘッジガンドと銀行にとってはかなり重要な課題となっており、外国為替取引のリスクと複雑性を高める結果となっています。

ボラティリティが高まると不確定要素が増加していま歌め、トレーダーの多くベストな取引戦略を模倣すべく、取引プラットフォームの自動注文執行機能を利用し、利用のできる関係性ベースの価格設定を統合しています。また、表面上に現れていない最良価格を発見し、リスク軽減を行い、収益を得る方法の1つがソーシャルトレードです。

ソーシャルトレードとは、オンラインで取引を行うトレーダーが他のリテールトレーダーから取引戦略を模倣することにより、経験と専門知識をつけ、それらも用いて自身の口座で取引を行う方法であり、リテール取引において人気を集め、数年で大きく成長していきました。

最新のFX市場の傾向をソーシャルトレードによってキャッチ

情報とは、社会経済の進歩に不可欠であり、FXトレードなどの金融活動を左右する要因となります。実際、FXトレードの黎明期では、トレーダーはメールマガジンなどを通じ成功を収めたトレーダーをフォローしており、これがソーシャルトレードの始まりと言われています。現在は、コンピューターやSNSの復旧、取引のデジタル化に伴い、トレーダー同士での情報共有は加速しており、ソーシャルトレーディングプラットフォームなどが活用されています。個人がどこにいても 他社と継続的に繋がることができるSNSの利用方法と類似した動きがとられています。

FX取引は、他の金融資産取引とにており、トレーダーは現在の通貨ペアが上昇するか、下降するかを予測し売りか買いを判断しています。そのため、市場心理に気にかけ、経済成長率やインフラ率など経済に関する公的統計に注意を払い取引を開始するタイミングを見極めることが非常に重要です。しかし、公的統計情報は発表までに時間がかかるため、今後の動きを読むため非公式の数字にも注目する必要があります。

多数のエリートトレーダーが集まり、多くの情報が得られるプラットフォームではFX市場心理の指数を知る上で重要な役割を果たすとともに、トレーダーの物価動向への理解と行動指針決定に役立ちます。また、マーケットコンセンサスを理解することは、FX市場や他の市場に対する理解が深まり、地震が取るべきポジションを正しく認識することができます。しかし、逆張りトレーダーは特定の通貨ペアを売買しようとしている多数派をさがり、市場心理とは反対のポジションと取る構えです。

FX市場はソーシャルトレーディングプラットフォームを通して研究することができ、実際に専門家はユーロ/ドルやドル/円などの主要な通貨ペアを分析しています。スレッドと流用性に影響を及ぼす今後の経済データは特に注目する必要があり、トレーダーは重要な経済データ発表前にトレードを行うことを避けることが得策でしょう。ソーシャルトレーディングプラットフォームを利用することにより、直接にしか入手できない情報やブラックスワン的イベント、その他の注意すべきニュースといったデータを通常より早く入手することが可能です。

ソーシャルトレードの特徴:コピードレード

外国為替のソーシャルトレードは、市場心理の指標になるのみならず、オンラインFXトレードの場所提供もしてくれるという特徴があります。そのため、オンライン取引を通じ、経験豊富なトレーダーの行動を観察し、リアルタイムで彼らの行う取引戦略をコピーすること可能です。例えば、トレーダーAが完全にトレーダーBをフォローしている場合、トレーダーAは自動的にトレーダーBのトランザクションを全て実行するこのが可能となるということになります。

通常のトレードでは一目均衡表やボリンジャーバンド、移動平均などの各種分析手法を必要とすることが多いが、素人がすぐにこれらの分析手法を活用できるわけではなく、長期間かけ習得する必要があります。つまり、これらFX取引を始めるトレーダーにとって、ソーシャルトレードという戦略は悪くないと言えます。

「ソーシャルトレードを利用するトレーダーは、ソーシャルトレードを利用しないトレーダーよりも311%多く利益を上げ、ソーシャルトレードと非ソーシャルトレードを組み合わせて利用するトレーダーは、非ソーシャルトレードのみを利用するトレーダーよりも125%多くの利益を上げている。」とFinance Magnatesのブログで述べている。

個人トレーダーをフォローするか、チームをフォローするかの判断は慎重に行うことが求められます。「インフルエンサーたちは取引の成功よりもフォロワーの獲得に注力してしまう傾向がある。フォロワー数に応じて報酬が多くなるからである。これは利益相反である。」とゲインスカイの考えとして語られており、フォロワー数比例し報酬の獲得に注力してしまうため、インフルエンサーはトレードで結果を出せなくなってしまう傾向にあります。そのため、トレーダーは状況をきちんと観察し、最良の選択をする必要があります。

透明性のある、はっきりとした考え方を持つ

80%のトレーダーが長期的に損失を計上していることがKNFによる外国為替トレーダーの収益性に関する調査でルーレットテーブルという概念が紹介され明らかになりました。トレーダーは勝ちトレードで上げる利益よりも、負けトレードで発生する損失の方が常に大きくなるため、トレーダーが犯してしまう最大の過ちはトレーダーの心理に関係しています。つまり、ノーベル賞受賞の臨床心理学者であるダニエル・カーネマンが意思決定の研究に基づいて提案したプロスペクト理論でも述べたれているように、利益がもたらす喜びよりも、損失による心理的影響の方がはるかに大きいということす。

人間は、勝率のあるポジションのリターンに目が行き、望ましくないのポジションの損失に長い時間積み重ねてしまうという傾向にあり、「ソーシャルトレーディングプラットフォーム上では、トレーダーのディスポジション効果は、そのトレーダーの戦略に投資したフォロワーから受ける注目度合に影響されることが分かった。」結論づけられています。ディスポジション効果がソーシャルトレードの透明性にによって誘発され、トレーダーの心理的影響を最小限に留めることができるとこの研究は提言してます。

ソーシャルトレードの最大のメリットの1つは透明性です。誰もが全ての行動と取引結果を見ることができ、トレーダー同士は、投資のアイディアやトレードの成功失敗について議論することが可能です。その結果、コミュニティ内のトレーダーはお互いを教育しすることができ、トレーダーが明確で急進的な考え方をもてるソーシャル活動の場となっています。これは、従来の一方通行かつ、周りの動きに気づきにくい従来のコミュニティと大きな違いです。

まとめ

外国為替取引は、投資家やトレーダーが初めに選択する投資方法の1つです。コロナ禍で一時は非活動的となりましたが、現在ではソーシャルトレードのようなオンラインプラットフォームなどを活用し、より協力に、安定した発展を続けています。また、それだけではなく、金融包摂の推進、取引の簡易化、FX取引の流動性の強化などにも役立っています。

ソーシャルトレードは経験豊富なトレーダーの戦略や最新の外国為替市場傾向の情報提供に加え、プラットフォームの透明性を用いてトレーダーがより効率的な判断や、空間と時間におけるブレイクスルーの実現に役立ち、リスクを最小限に抑え、利益率を改善することを可能にします。