ビットコイン:クジラ数が過去最多に突入

BTCを1,000BTC(35億円相当)以上保有しているクジラ数が過去最多となったことが明らかになりました。

今月1日、ブロックチェーン分析企業Glassnodeは「2140まで当該アドレスの数は増加しており、1月4日に約2,000アドレスだった水準から、140アドレス増加している。」と発表しました。また週明けにかけてBTC価格は下落したビットコイン市場では、さらに大口が保有量を増加させた傾向が確認されているということです。

BTC価格は同月11日夜、対円相場で一時330万円を下回って下落したことが判明し、前日比22%安と1月4日の下落以来初めて下げ幅が20%を超えているだけでなく、急ピッチな価格高騰で含み益が膨らんだ投資家を中心に利益を確定する動きが拡散されることとなっていました。同月8日の過去最高値42,000ドルから11日の安値30,100ドルまで、実に12,000ドル幅(-28.5%)の大幅下落となっており、これは昨年3月のコロナ・ショック以来、過去1年間で2番目の下げ幅であったと報道されています。

しかし、今回のアドレス数の増加については価格下落は短期的だとみなし、この機会を利用してBTCを購入した投資家が一定数いたとの声が上がっています。

さらにたとえ強気相場であっても上昇だけを続けることはほとんどなく、過去にも大規模なプルバックが確認されているといいます。またクジラたちももこれを買い場と見た可能性が高いとのことです。2016年の半減期を挟んだ2015年〜2017年の強気相場では、約2年で計9回の大幅調整を挟んでおり、下落幅は平均37%に及んでいました。

また19年6月には、約145万円到達後に30%ほど反落したほか、2015年11月には41.3%、2017年9月には40.3%の大幅な下落が発生しています。

暗号資産市場における現在のビットコイン

GlassnodeのRafael Schultze-Kraft 最高技術責任者は1月12日、短期的な値動きに惑わされないよう発信し、ファンダメンタルズもネットワークも強気相場の状態を維持していると明らかにしました。さらにアクティブアドレスの数や、非流動的なBTCの数、ハッシュレート、クジラの数なども様々な要素が過去最高水準に達しているとツイートしています。

昨年末、Schultze-Kraf氏は上場企業によるBTCの大量購入などによって供給不足が起きていることを指摘しました。市場に流通し、取引可能なビットコインを示す「浮動数」が減少しているとし、「市場供給数の78%が非流動的で、わずか12%が市場で取引されている」と説明しています。