NBA:Dapper Labsとともにプラットフォームを設立

ブロックチェーン基盤のゲームプラットフォームである「NBAトップショット」が立ち上げから数カ月で2億ドルを超える売り上げを記録したことが明らかになりました。このプラットフォームではプロバスケットボールリーグであるNBA選手たちが試合中に披露した決定的瞬間を動画とし、ユーザー間での売買を可能とするものです。

本市場はここ数週間で大幅な伸び率を叩き出し、過去7日間の売上は1億3,250万ドルに達したことが発表されています。

P2Pトンラザクション分析ツールCryptoslamが行った調査によると、売上はすでに1月時点で1億8,730万ドルに上り、その直前の30日間との比較で1,197%という飛躍率を記録しました。また過去24時間での新規ユーザーは約2万7,000人にもなり、8万件のトランザクション処理を完了していたことも明らかにされました。2月22日には、レブロン・ジェームズのハイライト動画が20万8,000ドルですでに売買されています。

さらにNBAトップショットは全米バスケットボール協会NBADapper Labsが立ち上げたプラットフォームであり、2020年10月から本格的に活動を始めました。このプラットフォームでも同様にモーメントと呼ばれる個々のビデオハイライトが用いられ、9ドルから230ドルの限定版パックで販売されています。

限定版パックが完売した場合にはモーメントはP2Pマーケットプレイス限定で入手可能というシステムが取り入れられ、そのパックの価値は希少性やシリアルナンバーに応じて変動する仕組みとなっています。その際に使われるシリアルナンバーは一般的に小さな数字のほうが価値が高くなってはいるものの、選手の背番号と一致するものは特に高額で取引されるという結果が示されています。

Dapper Labsは、Flowブロックチェーンのエコシステムを用いてモーメントのトレードを管理しています。

報道によるればDapper Labsは既に引退したNBA選手との交渉も進行中で、歴史的な映像の売買も可能にしようとしているということです。同社はこのプラットフォームをNFLやMLBなど他のメジャープロスポーツにも拡大すると噂されています。

これについてNBAのライセンス担当副社長のAdrienne O’Keeffeは「我々はこのテクノロジーとプロダクトを信じており、彼らとは長期的なパートナーシップを結んでいる」と語りました。