アメリカ・リノ市:テゾスとの提携を発表

砂漠で行われるアートフェスティバル「バーニングマン」の開催地に近い米国ネバダ州のリノ市は、テゾスと提携し、DAOやNFTの活用に取り組むことを発表しました。

1年に一度、バーニングマンは砂漠地帯で1週間にわたって開催されるイベントです。商取引や通貨の使用は禁じられており、参加者たちは自主的に助け合い、1週間を過ごす仕組みとなっているのです。

既に暗号資産テゾスブロックチェーン上で、バーニングマンに関連して制作されたアート作品などをNFTにするという計画があがっていることも明らかになりました。実際に市内にあるクジラの彫刻をNFTにする予定が決まっており、収益化することで市の新たな収益源となることが期待されています。

またDAOについてはまず基礎となる部分を確立し、その次のステップについてはまだ話し合いの最中としつつも、土地の貸し出しを行い、その収益を分配するまでのプロセスをDAO上で行うといった案が提案されているということです。

Hillary Schieve市長はリリース文で以下のようにコメントしています。

「私の目標はこのプロジェクトを全米市長会議に広め、他の市でもデジタルアートを生み出すことである。さらに市民のプラットフォームを構築する機会を生み出すことも目標である。」

これらの計画のプラットフォームはテゾスのソフトウェアや関連サービスの開発を行うTQ Tezosが開発段階に入っており、リノ市が試験運用を行うことになっています。

また、TQ TezosのChris Lawlor氏は「このプラットフォームは既存の公共システムを壊すことなく、シームレスにブロックチェーンベースのサービスを市町村が実験できるように作られており、特に自治体向けに設計されている。」と述べています。