ConsenSys:新たなプラットフォーム「Palm NFT Studio」を立ち上げ

米イーサリアムブロックチェーン企業ConsenSysは30日、イーサリアムブロックチェーン上の新たなNFTプラットフォーム「Palm NFT Studio」の立ち上げを公式に明らかにしました。

ConsenSysは自社サイトで「Palmはアーティスト・市場・権利所有者と協力し、プロジェクトやプラットフォームを呼び込むイノベーションラボである。」と述べています。

その理念通り、このベンチャー設立にはブロックチェーン分野ではイーサリアムの共同創設者Joseph Lubin氏が、芸術や映画の分野からは映画プロデューサーのDavid Hayman氏と世界的アートサービス企業HENIグループの創業者Joe Hage氏が参加しているということです。さらに運営面ではConsenSys社のプロトコル事業部長のDan Heyman氏がCEOとしてPalmを率いていく方針です。

また暗号資産分野からはUniswapNifty’sなど6社がパートナーとして技術インフラ面からの支援を行う体制を整えていることが明らかになりました。

エネルギーコスト削減を目標に

Palmは独自トークンであるPALMを所持し、PoAをコンセンサスメカニズム採用の新たなサイドチェーンとして構築されています。

したがってイーサリアムがPoSシステムに完全移行への待機時間を短縮することができ、現行のPoWコンセンサスよりも「99%高いエネルギー効率」を達成することが可能になっています。さらに決済時間の短縮と手数料削減を可能としている点も大きな特徴です。なおPalmはイーサリアムブロックチェーンと「完全な相互運用性」を持っていることから、メインネットへのトークン送金もサポートされることが発表されています。

現代アートの大御所も参加

Palm NFT Studioの幕開けを飾るのは世界的現代アーティストであるイギリス出身のダミアン・ハースト氏であることが明らかになりました。様々な動物の死骸をホルマリン漬けにした衝撃的なシリーズで一躍有名になった同氏は美術界の慣例に反し、自身が作品を直接オークションにかけ、当時最高の1億1,100万ポンドを達成するなどビジネス手法に長けたアーティストとしても有名です。

同氏は今年2月に桜をテーマにした作品の販売ではビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)での支払いを受け入れており、暗号資産にも馴染みが深い部分が伺えます。Palm創設者の1人であるHage氏のHENI社が作品販売を行ったの際にもその総売上は2,200万ドルに達し、期待を上回る成功を収めていました。

ハースト氏が初めて手掛けるNFTプロジェクトは「The Currency Project」となっています。約5年間をかけて制作された1万枚のアート作品で、全てが「お札」で構成されている作品です。この1万点の作品がそれぞれ固有のNFTとして生成されることとなります。

同氏はこのプラットホームについて「Palmは私にとって圧倒的に最高のプラットフォームとなる。新しいアートに焦点を当てている。最も環境に優しく、より早く、安価に利用することが可能であるため、Palmを使うことでアーティストは未来を発明できる。」と語りました。

なお、具体的なNFL販売の日程などは未発表です。

すでに成功を収めているFlowとは

すでにNFT市場で大成功を収めているのは、NFTコレクションゲーム「NBA Top Shot」を手掛けたDapper Labsが有名です。NBA Top Shotはイーサリアムのスケーラビリティ問題解消のためにDapper Labsが開発した独自ブロックチェーン「Flow」を利用しているプラットフォームです。

このネイティブトークンであるFLOWの時価総額は約1,260億円にもなっており、米取引所クラーケンでステーキングされたFlowは約780億円を突破しているということです。

プロスポーツ選手の動画のNFT化で一挙に注目が集まったFlowブロックチェーンに対し、Palmは美術界のスターアーティストを起用して攻める戦略を立てています。Palmの創設者の1人、David Hayman氏は「ハリー・ポッター」を映画化したプロデューサーであり、今後、同氏が手掛けた人気作品のコンテンツがNFT化される可能性もあると期待されています。